開幕カードの法大戦で勝ち点を得ることができなかった早大。優勝するためにはもう負けられない状況の中で、この日は相性の悪い立大に挑んだ。厳しい展開が予想されたが、初回に先制点を奪うと、その後も攻撃の手を緩めず立大のエース田中誠也(3年)をマウンドから引きずり下ろす。投げては小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院)が9回1失点完投と貫禄を見せ、チームを3季ぶりとなる立大戦勝利に導いた。

先発のエース小島は初回に1死から連打を浴び、早くもピンチを迎える。髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)が「2点でもちょっと厳しい」と話す難敵・田中誠を相手に先制点を許すことは命取りとなる、重要な場面。しかし、バッテリーは冷静だった。「真っすぐを張っていた感じがあったので、変化球で打ち取りにいくのが一番かな」(岸本朋也副将、スポ4=大阪・関大北陽)。「一番自信があった球種」(小島)のスライダーを続けてクリーンアッ プから連続三振を奪い、無失点で初回を終えた。するとその裏、打撃陣が2死一、三塁の好機をつくり、打席には岸本が入る。1-1からの3球目、高めの直球を振り抜くと、打球は詰まりながらも中前にポトリと落ちる先制適時打に。ロースコアが予想された本試合において非常に大きな意味を持つ、先制点を奪うことに成功した。

この日2本目の適時打を放ち、田中誠をノックアウトした岸本

次に試合が動いたのは5回裏。1死から西岡寿祥(教4=東京・早実)がこの日2本目の中前打を放つと、その後、連続四死球で満塁の好機をつくる。ここでまたも岸本が、前進守備を敷いていた三塁手の横を抜ける左前適時打を打つ。ここで田中誠はマウンドを降り、5回途中にしてノックアウトとなった。さらに代わった2番手の江口奨理(3年)から2つの押し出し四球を選んで2点を奪い、立大を突き放す。7回には、この日リーグ戦初スタメンに抜てきされた金子銀佑(教2=東京・早実)の犠飛でだめ押しに成功し、試合を決定付けた。

一方の小島は危なげない投球を続ける。威力ある直球にキレ味鋭いスライダーやチェンジアップを織り交ぜ、立大打線を寄せ付けない。6回こそ1点を失ったが、球数が100球を超えた8、9回で計5つの三振を奪うなど、最後まで球威は衰えず9回1失点完投。自己最多タイとなる13もの三振を奪う、文句のつけどころのない投球で勝利を飾った。

13奪三振完投で、今季初勝利を挙げた小島

ここまで黒星を重ねてきた田中誠に、ようやく雪辱を果たしたこの日。開幕カードの法大戦では全3試合に登板しながら、勝ちがつかなかったエースが収めた完投勝利は、チームに勢いをつけるだろう。「今までの結果はあまり良くなかったんですけど、しっかりと対策を練ってやってきた」と池田賢将(スポ4=富山・高岡南)も話すように、徹底した対策も功を奏した。「きょうみたいにいい試合をして、いいかたちで勝ち点を取りたい」(西岡)。あすも全身全霊をかけて、難敵との戦いに臨む。

(記事 望月優樹、写真 岡田静穂、金澤麻由)