立教大学 1-5 早稲田大学
勝: 小島 敗: 田中誠
本塁打:なし

 

立大・田中誠(③大阪桐蔭)と早大・小島(④浦和学院)のエース対決は、小島に軍配が上がった。

立大はゲーム開始直後に主将・松崎(④横浜)、飯迫(④神戸国際大附)の連打で1死1・2塁のチャンスをつくるものの、小島が後続を連続三振に斬り、無失点で切り抜ける。このピッチングが、奪三振ショーの始まりとなった。

その裏、早大はヒットで出塁した西岡(④早稲田実業)を3塁に置き、女房役の岸本(④関大北陽)がしぶとくセンター前に落とし、西岡が生還。貴重な先制点をもぎ取る。

その後は両エース共にランナーを塁に出すものの連打を許さず、得点を許さない力投が続く。試合が動いたのは5回裏。立大・田中誠は危なげなく1死をとるものの、2番西岡にこの日2本目のヒットで出塁を許すと、続く瀧澤(②山梨学院)に死球、加藤(③早稲田実業)に四球を与え、1死満塁のピンチを迎える。この場面で再び岸本が、今度は三遊間を割るタイムリーヒットで待望の追加点をもぎ取り、田中誠をマウンドから引きずり下ろす。リリーフした江口(③浦和学院)は制球が定まらず、檜村(③木更津総合)・初スタメンの金子(②早稲田実業)に押し出し四球を与え、早大のリードは3点となった。

立大も6回表に反撃の糸口をつかむ。東大戦でも好調であったリードオフマン・種田(④大垣日大)が、この日2本目のヒットとなる二塁打。松崎の犠打で3塁に進み、3番飯迫の内野ゴロの間に生還し、まずは1点を返す。

しかし、流れは早大。7回に檜村の二塁打、池田(④高岡南)の内野安打でチャンスメイクすると、金子の犠飛でさらに1点を追加する。小島は8回・9回の2イニングで5三振を奪い、追いかける立大を振り切り、早大が先勝する。

小島は自己最多タイの1試合13奪三振の完投勝利、通算勝利数も19と伸ばした。一方の田中誠は2戦を先発しまさかの未勝利。2回戦は23日11時にプレーボール。早大の勝ち点獲得なるか、立大の巻き返しがなるか。