オーストリア・インスブルックで開催された「パラクライミング世界選手権」視覚障害カテゴリー男子B1クラスに、日本代表として出場した小林幸一郎選手が金メダルを獲得した。

障害者クライミングの普及活動を行うモンキーマジックの代表理事でもある小林選手は、ナビゲーターの鈴木直也氏とともに日本時間の9月14日(金)に行われた「パラクライミング世界選手権」視覚障害カテゴリー男子B1クラスに出場。予選を総合1位タイという成績で通過した。

決勝では完登者が出なかったため、時間内に決められたルートをより高い地点まで登った小林選手が、2位以下に圧倒的な差をつけて優勝した。今大会でパラクライミング日本代表選手は、視覚障害男子B2クラスで銅メダル1枚、神経障害女子RP3クラスで金・銀のメダル2枚を獲得しており、メダル獲得数は合計4枚となった。

 

パラクライミング世界選手権視覚障害カテゴリー男子B1、小林幸一郎が金メダル獲得

パラクライミング世界選手権視覚障害カテゴリー男子B1、小林幸一郎が金メダル獲得

パラクライミング世界選手権視覚障害カテゴリー男子B1、小林幸一郎が金メダル獲得

パラクライミング世界選手権視覚障害カテゴリー男子B1、小林幸一郎が金メダル獲得

パラクライミング世界選手権視覚障害カテゴリー男子B1、小林幸一郎が金メダル獲得

パラクライミング世界選手権視覚障害カテゴリー男子B1、小林幸一郎が金メダル獲得

パラクライミング世界選手権視覚障害カテゴリー男子B1、小林幸一郎が金メダル獲得

パラクライミング世界選手権視覚障害カテゴリー男子B1、小林幸一郎が金メダル獲得

パラクライミング世界選手権視覚障害カテゴリー男子B1、小林幸一郎が金メダル獲得

パラクライミング世界選手権視覚障害カテゴリー男子B1、小林幸一郎が金メダル獲得