8時間ダイエットは、アメリカ発祥のダイエット法。最初の食事から8時間以内にすべての食事をとるようにし、残りの16時間は断食時間とするのが基本です。内臓が休まる時間を設けることで新陳代謝が高まり、減量につながるといわれています。

8時間ダイエットの方法

 1日の食事を、設定した8時間以内にすべてとり終え、残りの16時間は何も食べないようにします。食事量の制限はなく、食べてはいけないものもありません。

その他、8時間ダイエットに必要なことは下記のとおりです。

●8種のスーパーフードから1日2種類のスーパーフードを食べる(卵と脂身の少ない肉・乳製品・ナッツ類・豆類・ベリー類・色の明るい果物・全粒粉の穀物・緑の葉野菜など)
●1日8分の有酸素運動をする
●積極的に水分をとる

8時間ダイエットの効果


新陳代謝の活発化
16時間の断食で、食べたものをしっかり消化しながら消化器官を休ませることができるため、胃腸の機能が回復して新陳代謝が高まるとされています。

生活習慣の改善
食べてよい時間が決まっているため、だらだら食べ続けるのを避けることができます。
また、食事の8時間を【8:00~14:00、12:00~20:00】といった時間帯に設定すれば、夜遅くに食事をとることがなくなり、生活のリズムが整います。

・合わせて読みたい→
高カロリーになりがちなサンドイッチをダイエットメニューに変えるコツ(https://cocokara-next.com/food_and_diet/method-of-changing-the-sandwich-a-diet-menu/)

ここに注意

 8時間ダイエット中は以下の2点に注意しましょう。

暴飲暴食を避ける
食事制限がないからといって暴飲暴食はNG。ダイエット効果が薄れてしまいます。8時間内であれば、好きなものを好きなだけ食べてもいいというわけではありません。糖質の制限や激しい運動をしないダイエット法と捉えましょう。

水分補給は水かお茶にする
断食時間の飲みものは、水か糖分を加えていないお茶を選ぶことが大切です。糖分の多いジュースやアルコールは避けましょう。

 8時間ダイエットは、だらだら食べることを回避できることや、食べる時間を日中に設定すれば、夜遅く食事をすることもなくなることが利点です。結果として夜更かしせず規則正しい生活リズムになるところも魅力。

ただし、食べる量の制限がないからと言って、毎日カロリーオーバーではダイエット効果が半減してしまいます。食べる時間を守りつつ、バランス良い食事を心掛けましょう。

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[監修:あすけん 管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。