<プロフィール>
・名前:森戸尚毅(もりと・なおき)
・所属:同志社大学商学部
・出身高校:栃木県立宇都宮高校
・自身のスポーツ歴:小学~高校、野球

<一問一答>

①何故、大学で新聞会(新聞部)に入ろうと思ったのですか?

もともとは野球部に入部することを考えていました。しかし、実力面や活動拠点を考えたときにあきらめ、他の部活を考えたときに目に入ったのが同志社スポーツアトムでした。今までやってきた野球を今までとは違った視点から見てみたい、また野球しか知らなかったため、様々なスポーツと関わりを持ちたい、深く知りたいという思いからこの部活に入りました。

②今までの取材活動を通じて一番楽しいと感じたのはどんな時ですか?

やはり担当部が勝った時はうれしいです。取材を通して選手さんの心情を聞いていましたし、一番近くで試合を見ていたので選手の気持ちもより身近に感じることができます。また長い間取材していると選手さんたちのキャラクターもわかってくるので、より親密になります。時にはご飯に誘われることもあります。その時は選手と記者という垣根を越えて楽しい時間を過ごすことができますし、次回以降のモチベーションにもなりますね。

③取材していて、ハマった競技はなんですか?

フェンシングとラグビーです。どちらも初めて見たのは大学に入ってからでした。フェンシングはピストの隣から写真を取れるため、選手の息遣いなど緊迫した試合展開を楽しむことができます。接近戦のフェンシングには楽しむにはもってこいのポジションです。完全にこの部活の特権ですが笑。ラグビーはやはり迫力に魅了されました。タックルの音やスクラムの時の声は見た人にしか分からない力強さを感じました。また同志社の展開ラグビーは見ていてワクワクする面白さがあります。左右にボールを回し前進する選手たちにグランドとスタンドが一体となって盛り上がります。毎回試合に行くのが楽しみなスポーツです。

④CAT事業を通じて、学生アスリートのどんな一面を見て欲しいですか?

取材をすると分かりますがどんなに素晴らしい成績を残している選手たちも決して特別な存在ではありません。不安や葛藤と戦っていたり、素顔はお茶目だったりと皆さんと同じような一面を持っています。そのような一面を見て選手に親近感を覚えてくれたらいいなと思います。それが学生スポーツの盛り上がりにつながれば、この事業として最高の形ではないかなと思います。

⑤あなたが思う大学スポーツの魅力はなんだと思いますか?

学生が中心であることですかね。選手はもちろんのこと、大会の運営も学生が行っていることが多いです。広報も我々のようなスポーツ新聞部が担っています。だからこそ得られる達成感や充実感はありますし、部活以外でも校内で関わる機会が多いため、選手との距離が近いことも魅力の一つだと思います。大学スポーツが盛り上がっていた時代のように、観客も学生が中心になればより学生スポーツの魅力が引き出されると思います。

(取材日:2018年8月31日)