<プロフィール>
・名前:重川航太朗(しげかわ・こうたろう)
・所属:慶應義塾大学文学部
・出身高校:埼玉県立川越高校
・自身のスポーツ歴:中学野球、高校バドミントン

<一問一答>

①何故、大学で新聞会(新聞部)に入ろうと思ったのですか?

メディア系サークルを探している時に、偶然慶應スポーツ新聞会を見つけました。小さい頃からスポーツを見るのが好きで、自分に合うのではと思い入会を決めました。将来的にプロになる選手にも取材に行ける可能性があることなども知り、とても魅力的に感じました。

②今までの取材活動を通じて一番楽しいと感じたのはどんな時ですか?

自分の担当している部が試合に勝ち、その後に勝利した選手たちの生の気持ちを聞けたときです。長く見てきた部が接戦を制したり、タイトルを獲得した時には、自分も嬉しく思います。またその気持ちは、取材を通じて選手の気持ちを聞くことでより一層増し、取材をしてきて良かったと感じることができます。

③取材していて、ハマった競技はなんですか?

ラグビーです。もともとは小さい頃に何度かトップリーグの試合を見に行ったことがある程度でした。ですが、一度ラグビーの取材に行ってから、チームが一つになって戦う姿に改めて惹かれるようになりました。トライを挙げた時の選手たちの喜ぶ姿がとても印象的です。

④CAT事業を通じて、学生アスリートのどんな一面を見て欲しいですか?

様々なことに打ち込むことができる大学生活に、真剣にスポーツに打ち込んでいる姿です。目的や目標は違えど、4年間という限られた時間をスポーツにささげる学生アスリートが、共通して持っている熱い思いを感じてほしいです。

⑤あなたが思う大学スポーツの魅力はなんだと思いますか?

見ている者に感動を与えられる点だと思います。最後の学生生活をスポーツにささげ、様々な苦難を乗り越えて仲間と戦ってきた姿は、大学の関係者だけではなく、多くのスポーツファンにも感動を与えてくれるものだと思います。

(取材日:2018年8月30日)