法政大学 2-0 明治大学
勝:石川 敗:森下暢
本塁打:なし

連日の接戦を法大が制し、開幕カードに続き勝ち点を挙げた。

法大先発は三浦(①福岡大大濠)、明大先発は森下暢(③大分商)と1回戦と同じ顔合わせとなった。初回、法大は小林(④中京大中京)がヒット・盗塁で得点圏に進むも、森下暢は法大主軸を抑える力投。その裏、明大は渡辺佳(④横浜)・越智(④丹原)のヒットで2死1・2塁とするも、三浦が踏ん張り得点を許さない。

1回戦・2回戦同様に投手戦の様相を呈し、単打で出塁するもなかなか得点へと結びつかない両チーム。両投手の好投のスキを突き盗塁を企図するものの、法大・中村浩(④多良木)と明大・西野(③浦和学院)が見事に刺殺することで、ゲームはより緊迫したものとなる。

そして、「血の法明戦」ならではの連日ドラマは最終回にやってくる。法大は宇草(③常総学院)がヒットで出塁し、小林がこれを送る。法大は初回以来の得点圏にランナーを進めたところで、3番向山(④法政二)が鮮やかなセンター前ヒットを放ち、待望の1点を森下暢からもぎ取る。送球の乱れで向山は3塁に進塁したのち、続く中山(④履正社)がレフトフェンス直撃のタイムリーヒットを放ち、向山が生還する。

2点を追いかける明大は、今日もリリーフを務める石川(②横浜)から代打・北本(③二松學舍大附)が右中間への2ベースを放ち、1打同点のチャンスを作るものの、反撃もここまで。後続を石川が抑え、法大が連勝として勝ち点1を獲得した。石川は今季5試合に救援し、早くも3勝目。終盤の粘り強さはベンチ内が一体となった雰囲気が後押ししているようだ。

明大はエース森下暢の好投空しく、開幕カードを落とすこととなったものの、次週の王者・慶大戦での巻き返しに期待をしたい。