法大が9回裏に“切り札”吉岡郁哉(4年・智辯学園)の代打タイムリーでサヨナラ勝ち。明大相手に1勝1分けとして3回戦に臨むことになった。

サヨナラ打を放った吉岡を中心に歓喜の輪が広がった

前日の3対3の熱戦ドローから1日経って迎えた月曜日決戦。法大の先発は、春2勝(1敗)を挙げた大型右腕・高田孝一(2年・平塚学園)。対する明大は、春に6試合に登板した1年生右腕の竹田祐(1年・履正社)がリーグ戦初先発のマウンドに上った。
先制したのは明大。1回表に4番・越智達矢(4年・丹原)のタイムリーで1点。だが、 法大は3回に9番・高田の2塁打から2死3塁として2番・小林満平(4年・中京大中京)のセンター前タイムリーで同点に追い付くと、続く4回には2死2塁から7番・福田光輝(3年・大阪桐蔭)のサード強襲タイムリーで逆転に成功した。

 その後、高田が力投を続けてリードを守っていた法大だったが、7回に無死1、3塁から内野ゴロの間に同点に追い付かれる。しかし、直後の2死3塁からリリーフした石川達也(2年・横浜)が高校時代の先輩、渡辺佳明(4年・横浜)を打ち取ると、その後も9回まで好投してリズムを作る。そして9回裏、中村浩人(4年・多良木)、川口凌(4年・横浜)の連打で無死2、3塁の好機を掴み、ここで登場した代打・吉岡が「しっかりと準備ができていた。外野フライでもサヨナラだったので気楽に(打席に)入れた。とにかく思い切り振ろうと思った」と明大の3番手・入江大生(2年・作新学院)からレフト前へサヨナラ打を放った。

7回途中から好リリーフを見せて勝利に貢献した法大・石川

 試合後の青木久典監督は「しびれましたね、最後は!あそこは彼しかいないと思った。良く打ちました」と興奮気味。高校時代は現読売巨人の岡本和真の後の5番に座り、岡本敬遠後のチャンスの場面で打席が回ってくることが多かったという吉岡。青木監督が「非常に勝負強い。気持ちの強さを持っている」と称える“切り札”の一打で、法大が勝ち点獲得へ大きく前進した。

9回裏、法大の吉岡がレフトへサヨナラ打を放つ

■明治大vs法政大2回戦
明治大 100 000 100=2
法政大 001 100 001X=3
【明】竹田、石毛、●入江-西野
【法】高田、〇石川-中村浩

◎法政大・青木久典監督
「しびれましたね、最後は。よく打ちました。昨日もいいところで打ってくれた。あそこは彼しかいないと思った。(7回のピンチに)あそこは石川に託すしかないと。左対左で同じ横浜出身でしたし。よく抑えてくれたと思います。今日の石川は非常にボールに力があった。(今日の勝利は)選手たちにも自信になると思いますし、勢いも付くと思う。また明日がんばります」

◎法政大・吉岡郁哉(4年・智辯学園)
「しっかりと準備ができていた。外野フライでもサヨナラだったので気楽に(打席に)入れた。とにかく思い切り振ろうと思った。(打った球は)変化球ということしか覚えていない。自分のファーストスイングに集中してやっている。(代打の役割は)気持ちは高校時代と同じような感じ。特に何も考えずに、気楽に打席に入っている。(高校時代のチームメイトで現読売巨人の)岡本の活躍は刺激になるし、自分も頑張らないといけないと思います」