【幕下】
西幕下筆頭の35歳ベテラン豊ノ島が4戦全勝、アキレス腱断裂の大怪我からの2年ぶりの関取復帰をほぼ確実に。
西幕下4枚目、尾車部屋の友風も3勝1敗と好調。音大への進学を勧められるほどのピアノの腕を持つ異色の若手力士が後半戦3連勝で新十両の番付を掴むことができるか。

【十両】
8日目を終えて5勝3敗で9人が優勝争いのトップに並ぶ稀に見る混戦。西十両筆頭の39歳の大ベテラン安美錦がこのまま十両優勝争いのトップを走り、史上最年長の幕内復帰と十両優勝の記録を更新するか注目。

【幕内】
8日目を終えて鶴竜、白鵬の両横綱が全勝、1敗で大関豪栄道らが追いかける展開。
進退をかける横綱稀勢の里は横綱、大関、関脇との上位戦を残して6勝2敗の苦しい星勘定。ノルマである二桁勝利のためにはあと3つしか負けられない中で、今場所の稀勢の里の粘り腰のない相撲で上位総当たりの後半戦を白星先行で乗り切れるか。

(文:表参道の公認会計士)