法政大学 3-3 明治大学
本塁打:なし

第2週初戦となったこの試合は接戦の末、引き分けとなった。

法大は4回表、主将・向山(④法政二)の適時打で先制し、5回には小林(④中京大中京)のタイムリー内野安打で追加点を挙げ試合を優位に進めた。

対する明大は相手先発・三浦(①福岡大大濠)に6回まで無失点に抑えられていたが、7回にランナーの越智(④関西)と森下智(④米子東)がダブルスチールを決めた直後、内山(③静岡)の2点適時打で一気に同点に追いつきゲームを振り出しに戻した。8回には越智の適時打で勝ち越しに成功する。

完投勝利目前の明大先発・森下暢(③大分商)だったが、9回に宇草(③常総学院)の適時打で同点に追いつかれてしまう。

明大は9回裏にチャンスを作るも最後はセンター舩曳(③天理)の好捕に阻まれ得点できず、同点のまま試合終了となった。

法大は勝って、リーグ戦上位の座を確かなものにしたい。明大は明日、今季初勝利を決めたい。