大事な開幕戦を辛勝し、一気に勝ち点を奪取したい慶大は初登板森田晃介(商1・慶應)の好投も打線が繋がらずに同点。6回で渡部遼人(環1・桐光学園)の安打から勢いに乗り、一気に6得点を挙げる。しかしすぐに3点を返され点差を縮められてしまう。その後も東大の前に苦しみながらも7回に1点、9回に2点を獲得。守備でも好プレーを連発し、4回以降無失点で秋季リーグ、まず勝ち点を1つ手に入れた。

どのスポーツにおいても、試合に「絶対」などない。春季リーグ戦最下位の東大が相手であろうとも気を抜くことは許されないと昨日も再認識しただろう。2連勝で勝ち点を取って勢いをつけたい慶大野球部は攻撃から始まった。しかし1番小原和樹(環3・盛岡三)が四球で出塁するもダブルプレーで仕留められ、無得点に終わる。慶大の先発を任されたのはリーグ戦初登板となった1年の森田晃だ。前日の、初回から3失点という悪夢が蘇る中、しっかりと三者凡退で抑えた。

3回表、沈黙を破ったのは昨日本塁打を放った中村健人(環3・中京大中京)だった。センターへのヒットで出塁すると、瀬戸西純(政2・慶應)の犠牲バントで進塁。まずは1点、このチャンスを逃すわけにはいかない。ここで小原がライト前へヒットを放つと中村が二塁から一気にホームへ。タッチの差でホームベースを滑りこんだ。ようやく先制点を挙げ、喜んだのもつかの間。その裏、東大山下朋のヒットから犠牲バントが続き、ツーアウト走者三塁。ファーストへのゴロに打ち取り無失点、と思いきや審判が集まり始める。何事かとざわつく場内に東大ベンチからの歓声が響いた。まさかのボーク判定で同点に追いつかれてしまったのだ。焦りからか続く打者のライトへのヒットを中村がエラーし、ランナーを三塁まで走らせてしまうが森田晃が後続を断ち、逆転を許さなかった。4回は両校投手の好投が続き、試合は動かない。この回、裏では三鍋が粘り強く打ち続け、なんと11球のファールボール。最後は三振で終わったが三鍋相手に森田はなんと14球を投げさせられた。5回表、橋本昴樹(商3・慶應)がリーグ戦初ヒットで出塁。、追加点は挙げられず。その裏では瀬戸西、橋本昴、内田の好守により無失点。森田晃はここまで3安打と見事に守りきった。

初出場初スタメンで初ヒットを放った橋本昂

試合は同点のまま後半戦へ。6回表、試合が大きく動いた。渡部がヒットで出塁すると、続く柳町達(商3・慶應)が大きく打ち上げたボールはセンターとレフトの間に落ちた。その隙に渡部の俊足が唸り勝ち越しのホームイン。未だノーアウトのまま郡司裕也(環3・仙台育英)、内田蓮(総4・三重)のヒットで満塁に。橋本昂がデッドボールを受け、押し出しで柳町がホームに帰ってくる。勢いに乗った慶大打線は止まらない。中村のタイムリーで郡司、内田も生還。瀬戸西の本日3度目となる犠牲バントで走者二、三塁に。1番小原によるツーベースヒットで一気に二人がホームインをしてこの回なんと6得点と一気に差を広げた。

久々の登板となった太田

しかし東大も負けっぱなしではいてくれないようだ。続く6回裏で東大は上位打線から攻撃が始まる。デッドボールで出塁を許すと2、3番の安打で1点を返されてしまう。その後ノーアウト一、三塁で三鍋が三塁へ大きなファールフライ。内田がキャッチしたと同時に三塁ランナーが走りだす。内田はそのまま体勢を崩しながらも素早い送球を郡司につないでホームベースを踏ませない。しかしピッチャーを太田力(経4・桐朋)に交代した直後、二死走者一、二塁の場面で6番青山の打球は風に乗りセンターオーバーの大当たり。2点の追加を許してしまった。

3点差に詰められた慶大は7回表。四球が重なり走者二、三塁から中村の犠牲フライでさらに追加点。このまま点差を広げたいところだったがここで東大投手小林大の投球に抑えられ、1得点で終えた。この回裏から登板した慶大4人目の投手石井雄也(商3・慶應志木)が一塁から出ていた梅山を牽制球で仕留めるなどゼロで抑える。8回、前2回の点取り合戦の小休止をし、最終回に臨む。慶大は二死一塁でここで昨日のヒーロー、中村に打順が回ってきた。2日連続の活躍を期待する声援がスタンドから注がれる中、強いスイングでボールをしっかりと捉える。その球は綺麗な弧を描きライトへのツーランホームラン。今季早くも二本目、二試合連続で魅せてくれた中村に客席は大盛り上がりした。代打で出場した長谷川晴哉(政4・八代)のリーグ戦初安打も飛び出したが、後続が断たれ得点には繋がらず。このまま逃げ切りたい慶大、ピッチャーを石井から髙橋佑樹(環3・川越東)に代え、危なげなく三者凡退で試合を終えた。

初安打を放った長谷川晴

昨日に引き続き決して快勝とは言えないが王者の意地を見せ、しっかりと勝ち点を手にした慶大。春とは違った選手の活躍も見られ、新戦力にも期待が寄せられた。特に森田晃は初登板ということを感じさせない素晴らしいピッチングを見せてくれた。今日一番の拍手は間違いなく彼に送られたであろう。しかし、勝負どころでのエラーなどそれぞれの課題も見つかった。2週間後に控えた明大戦は春同様厳しい戦いになることは間違いない。三連覇の為に、再び慶大が神宮球場で笑う為に、避けては通れない道だ。史上二度目の快挙に向かって、陸の王者は走り続ける。

(記事・左近美月 写真・川下侑美、小林歩)