アメリカの陸上競技選手ジェシー・オーエンスを描いた映画『栄光のランナー/1936ベルリン』の予告編が公開された。全国ロードショーは8月11日にスタートする。

同作はオーエンスが偉大な記録を打ち立て、世界中に衝撃を与えるまでの激動の2年間を描いた。ナチス独裁政権下で開催された1936年のベルリンオリンピックで史上初の四冠を達成したオーエンスの実話を映画化。

オリンピック出場を夢見るオーエンスと、ナチスの政治目的のために大会が開催される事を危険視し、オリンピック開催自体に反対する人々。アメリカ国内の人種差別問題も加わり、オーエンスに様々な困難が立ちはだかる。

主役のオーエンスは、『グローリー/明日への行進』で公民権運動の活動家ジョン・ルイス役を演じたステファン・ジェイムス。オーエンスのコーチ ラリー・スナイダー役は『モンスター上司』のジェイソン・サダイキス、監督は『プレデター2』のスティーヴン・ホプキンスが務める。

予告編では、後に“ヒトラーのオリンピック”と呼ばれることになるベルリンオリンピックの開催をめぐる様々な陰謀が垣間見える。オーエンスの、「人種など関係ない、この10秒間だけは――自由だ」というセリフが印象的な内容となっている。