リオデジャネイロ五輪競泳日本代表のエントリー種目が6月29日、日本水泳連盟より発表された。最多エントリーは池江璃花子の6種目。

6月26日に女子100m自由形で日本新記録を樹立した池江はリオデジャネイロ五輪で、50m自由形、100m自由形、200m自由形、100mバタフライ、4×100mフリーリレー、4×200mフリーリレーに出場する。

男子では萩野公介が、200m自由形、200m個人メドレー、400m個人メドレー、4×200mフリーリレーの4種目に出場。

そのほかにも競泳日本代表は、背泳ぎの入江陵介、平泳ぎの小関也朱篤、バタフライ&個人メドレーの瀬戸大也、背泳ぎの酒井夏海、平泳ぎの渡部香生子ら合計34選手(男女各17選手)が金メダルを目指す。

萩野公介 参考画像(2016年4月4日)(c) Getty Images

萩野公介 参考画像(2016年4月4日)(c) Getty Images