東京大学 4-6 慶應義塾大学
勝:高橋亮 敗:小林大
本塁打:東大・岡1号(1回) 慶大・中村1号(3回)

リーグ戦3連覇を狙う慶大が秋季リーグ初戦を白星で飾った。

先制された慶大は2回裏に反撃ののろしを上げる。二死2・3塁から2番正木(①慶應)が一塁線を強打で破る2点タイムリーでまずは1点差に詰め寄る。続く3回一死塁から7番嶋田(②樹徳)がレフト前タイムリーヒットで同点、2死2塁となり9番高橋亮(③慶應湘南藤沢)が自らのバットで逆転に導くレフト前タイムリーヒット、そして途中出場の1番中村(③中京大中京)がバックスクリーン横に飛び込む2ランホームランで3点のリードとした。

投げては先発・高橋亮(③慶應湘南藤)が初回こそ失点するも尻上がりに調子を上げ6回を3失点。後を受けた高橋佑(③川越東)も5奪三振を奪う好投でリードを守り抜いた。

東大は初回に5番岡(②小倉)が秋季リーグ戦初打席で、春季リーグ戦に続き自身リーグ戦通算2本目となるホームランで3点を先制するも後が続かず投手がリードを守れなかった。

開幕戦から逆転勝ちした慶大は良い流れで明日も勝利し勝ち点を奪いたい。東大は先制した打撃陣や無失点のリリーフ陣で明日こそ勝利を目指す。