熱中症

人の体は
寒い時期は水分をさほど取る習慣がなくなります。
寒いので、水分を失う機会が少ないからです。

寒さから暑くなる気候へ進む時、
つまり冬春から初夏へ移っていく時、

体はまだ、寒さに慣れているので
さほど水分を取ろうとしません。

水分を取ることに慣れていないのです。

しかし、実際は気温が上がり
体内の水分は減ってきています。

このタイミングで
ジョギングを行うと、体は水分不足で
熱中症になる可能性が出てきます。

深刻な状態でないまでも
軽い熱中症にかかっている場合は多いです。

たとえばなんとなく体がダルイとか、
疲れ安い、眠たい・・・
このような症状は水分不足が原因ともいえます。

暑くなりきる8月ぐらいになると
体は必要以上に暑さを感じ、
水分を求めるので、逆に安心なのですが、

今の時期はうっかりすると、水分不足になっています。

理想では1日2リットルを補給しましょう。
毎朝、会社の近くのコンビニで
2リットルのお水を買って机に置いて
帰るまでに飲みきる。

水分を取ることは
ランニングのためだけでなく
健康にもとてもいいことです。

✴︎✴︎✴︎
JAL ホノルルマラソンツアー参加者募集
http://www.honolulu-marathon.com/2016/index.html

初心者の皆さんが安心してスタートラインに立てるようサポートします!