この夏、春夏連覇を達成した大阪桐蔭とともに大会を盛り上げたのが、準優勝を果たした金足農だ。6試合すべてに先発し、881球を投げ抜いたエース・吉田輝星(こうせい)の熱投はもちろん、少ないチャンスを確実にものにし、得点に結びつけていった攻撃陣も見事だった。

 なかでも準々決勝の近江戦でのサヨナラ2ランスクイズは、後世にも語り継がれるであろう「名シーン」となった。はたして、この「伝説の2ランスクイズ」をメジャーリーガーたちはどう感じたのか。今回、4人の現役メジャーリーガーにこのシーンの動画を見てもらった。はたして彼らの反応は?



準々決勝の近江戦、無死満塁から斎藤璃玖のスクイズで二塁走者・菊地彪吾が還りサヨナラ勝ちを飾った金足農

■J.T.リアルミュート(マイアミ・マーリンズ/捕手)

―― 2ランスクイズを見て、どう思われましたか。

「ワォ! ホント信じられません。これは勇気が必要なプレーです。なにより、二塁走者に脱帽です。バントでセカンドから生還するというのは、集中力が最高潮に高まっていないとできません」

―― メジャーであり得るプレーだと思いますか。

「メジャーは無死満塁で、しかも負けている場面でバントというのはあり得ないプレーです。絶対ヒットで点を取ろうとします。メジャーでバントというのはほとんど見かけなくなりましたし、守備力が高いから2ランスクイズというのはほぼ不可能なプレーだと思います。(近江は)間違った守備はしていませんが、メジャーの選手だったらもっと送球が速いですから、二塁からホームインはできないと思います」

―― もしあり得るとするなら、二塁ランナーはどの選手ですか。

「足の速さだけでいうと、シアトル・マリナーズのディー・ゴードンか、シンシナティ・レッズのビリー・ハミルトンなら、このプレーは可能かと思います。しかし、バントを失敗することも想定しながらリードを取らないといけませんので、ホームインできるようなリードはまず無理かなと思います」

―― このプレーを見て、日本に対する興味は沸きましたか。

「日本に行きたくなりました。野球の視野が広がるかもしれませんし、見たことのないプレーに出会えるかもしれません」

■タイラー・フラワーズ(アトランタ・ブレーブス/捕手)

―― 2ランスクイズを見て、率直な感想を聞かせてください。

「すごいプレーだね! 満塁の場面で、こんなプレーを見たことはありません。いいアイデアだと思いますが、失敗したら一気にチャンスが潰れてしまう可能性がある。まず打者のバント技術を信用していなかったら無理です。相当アグレッシブなプレーですから、守備側は大変だったと思います。見たことも経験したこともなかったでしょうし、おそらく想像もしていなかったでしょうね」

―― メジャーであり得るプレーだと思いますか。

「あり得なくはないでしょうが、残念ながらアメリカの野球はバントを重視しているわけではありません。この高校生(金足農・斎藤璃玖選手)ほど上手にバントするためには、相当な練習が必要です。そして、走者が打者の技術を信頼していないとできないプレーです。そうした条件がすべて揃えば、メジャーでも可能なプレーだと思います。

 しかし守備側の目線で考えれば、非常に守りづらい。キャッチャーとしてできるのは、バントができない球を投げさせることぐらいですが、満塁ですのでフォアボールにもできない。本当に難しいプレーです。これをやったのは高校生ですか? 高校生がそこまで考えるのはすごい。すべての高校生がそこまで細かいことを考えているとは思いませんが、2ランスクイズをやったチームの選手たちは本当に頭がいいと思います」

―― アメリカでこのプレーは考えられますか。

「セカンドからどう生還するかよりも、バントを失敗したらどうなるかをまず考えるでしょうね。打ち上げたらどうするか、空振りしたらどうするか……など。アメリカではこうした大事な局面で、バントを成功させるよりも打つ方に信頼を寄せている。ヒットや犠牲フライで得点することを重視するはずです。もし同じ状況で、メジャーの監督がバントのサインを出して失敗でもしたら『お前は何を考えているんだ!』となるでしょう。監督にとっても勇気のいるサインだったと思います」

―― キャッチャーとして、満塁の場面でセカンド走者がバントでホームインすることを考えたことはありますか。

「考えたことなど、一度もありません。このプレーは、一回でも経験しないと対処できません」

―― 今後は2ランスクイズを想定しますか。

「ちょっとだけ頭の片隅に入れておきます(笑)」

■マーティン・プラド(マイアミ・マーリンズ/内野手)

―― 2ランスクイズを見て、どう思いましたか。

「アメージング! 二塁走者は、ベンチから指示を受けたのか、自分自身の判断だったのかが知りたいです。とてもアグレッシブなプレーです。自分自身の判断だったら、想定力はすごいです。ある程度想定していないとできないプレーだと思いますが、それを考えていること自体すごい。しかも高校生が考えるとは……」

―― この二塁走者は、そのプレーを練習したことがあったそうです。

「そうでしょうね。というのも、まったくためらいがない。確信を持って走っています。とはいえ、いくら準備していたとしても、あの場面で確信を持って走れる人は少ないと思います。満員の球場で、2点ビハインドの9回裏……勝敗がかかった状況で、アドレナリンは相当出ていたはずです。そのなかで冷静に判断できるのはすごいです」

―― メジャーで同じプレーができそうな選手はいますか。

「いるとしたら、ディー・ゴードンでしょう。まず、俊足であること。それに自分自身の足に相当自信がないとできないと思います」

―― ゴードンはプロですが、この選手は高校生です。

「だからすごいんです。その年齢でその判断力と確信を持つということに感動を覚えました」¥

―― 内野手として、このプレーについてどう思いますか。

「仕方ありません。三塁手も一塁手もキャッチャーも、みんな正しく捕球し、送球していました。誰かのミスでホームインされたわけではなく、相手の準備、センスにやられたのです。脱帽するしかありません」

■オジー・アルビーズ(アトランタ・ブレーブス/内野手)

―― 2ランスクイズの動画を見た印象はどうですか。

「『ワォ!』という言葉しか見つかりません。見たことも、考えたこともないプレーです。この二塁走者の選手は賢いですね。本当にすばらしいプレーです」

―― このプレーの対処法はありますか。

「ないですね。仕方ないです」

―― 走者は練習したことがあるそうです。

「それはそうでしょう。練習しないとできない、本当に気持ちいいプレーですよ」

―― アルビーズ選手も俊足ですが、この状況で二塁走者の難しさは何ですか。

「バントを失敗したら大変なことになりますので、常にその可能性を考えていないといけません」

―― 2ランスクイズというプレーを考えたことはありますか。

「考えたこともないです。とにかくすごいプレーです」

―― いつかメジャーでこのプレーをしてみたいですか。

「やってみたいですね。常に新しいことを探しているから、いい材料になりました」

―― このプレーを見て、日本の高校野球のレベルについてどう思いますか。

「走者の想定力がそこまであるのは、本当にすごいことだと思います」