BIG6.TV キャプテンインタビュー

慶應義塾大学・河合 大樹(④関西学院)

春季リーグ戦、見事2連覇を果たした慶應義塾大学。しかし、リーグ戦最後の試合後、慶大ベンチに笑顔はなかった。優勝が決まった状態で迎えた早慶戦、1戦目を勝利しあと1勝で勝ち点5の完全優勝が手に届くところまで来ていた。その後の2連敗。「早稲田に勝つ」と「リーグ戦優勝」を目標に掲げていた慶應義塾にとって、一番悔しい終わり方であった。主将である河合はその後の日本選手権でも早大戦の負けの悔しさを口にしていた。

3連覇となれば慶大史上2回目の快挙となる、大久保監督も現役時代なし得なかった偉業に挑戦する慶大野球部の秋が始まる。