BIG6.TV キャプテンインタビュー

早稲田大学・小島 和哉(④浦和学院)

春季リーグ戦・早慶戦、前日に慶大打線を8回3失点に抑えながらも黒星を喫した小島は翌日の先発マウンドに上がっていた。投球過多が叫ばれる昨今、大学野球において前日に8回を投げた投手が翌日のマウンドに上がることなどほとんどない。しかし、小島は直訴して先発を選択したという。主将としてエースとしてチームを勝ちに導くことだけを見ていた。

集大成のラストシーズン。そして次のステージへ。小島和哉は自分のためにそしてチームのために腕を振る。