「今の自分にとっては、ハードルの高い挑戦での金メダルでした。終始ギリギリの戦いだった」

 東京五輪の正式競技となり、インドネシアで開催中のアジア競技大会でも初めて採用されたスポーツクライミング。パレンバン・ジャガバリンスポーツシティで行なわれた女子コンバインド(※)で、野口啓代が初代チャンピオンの座についた。
※対戦形式で登る速さを競うスピード、4mの高さの壁に複数の課題を設け、クリアした課題の数を競うボルダリング、12メートル以上の壁を制限時間内に登れる高さを競うリードの3種目により順位を決める複合種目




逆転でアジア大会を制した野口

 ボルダリング・ワールドカップで21回の優勝を数え、2018年シーズンを含む4度の年間女王に輝いた実績のある野口にとっても、表彰台の頂点への道は楽ではなかった。

 野口は8月23日から25日に行われた予選を、スピード11位、ボルダリング3位、リード2位の総合3位で通過。優勝を狙える位置から決勝をスタートしたが、思うようなパフォーマンスが出せていなかった。前週にドイツ・ミュンヘンで行われたボルダリング・ワールドカップ2018の最終戦を戦い、疲労を残したままインドネシアに入ったことから「とてもハードで、暑いこともあってかなり厳しかった」と振り返った。

 6人で争う決勝の第1種目、スピードでも最下位に沈む。しかし、野口はしっかり気持ちを切り替えていた。

「私はスピードがあまり得意ではないので、『ボルダリングで1位を取れば絶対大丈夫』と言い聞かせていました」

 その言葉通り、全選手の内で唯一、ボルダリングの4つの課題を完登。かなり難度の高かった最終課題は、指の強さ、体の強さ、体のポジションなど、さまざまなものが要求された。それでも、「この課題を登らないと1位になれない。ここまでボルダリングを頑張ってきたから、この種目だけは譲れない」と、意地の完登で1位を獲得し、総合順位を韓国のサ・ソルに次ぐ2位まで上げてリードへと繋げた。

 逆転優勝のためにリードでも1位を狙ったが、ここまでの疲労で途中から本来の登りができなくなった。最後の数秒は「優勝したい」という気持ちだけで手を出し、なんとか2位に食い込んだ。同種目を3位で終えたサ・ソルと同点となり、しばらくは「どちらが勝ったのかわからなかった」というが、ボルダリングとリードの2種目でサ・ソルを上回った野口が金メダルを手にした。

「精神的にも肉体的にもきつかったですね。でも、今シーズンはアジア大会で優勝することを目標にやってきたので、とても嬉しいです。この金メダルは重くて、ワールドカップのメダルより大きく感じます」



金メダルを手に満面の笑顔

 今シーズンはアジア大会を勝つためにリードのワールドカップに出場するなど、ハードなスケジュールで試合を重ねていった。連戦で疲労が溜まるうえに、トレーニングが不足してフィジカルが弱くなったのを感じていたという。「もっとボルダリングをやりたい」「1種目に集中できたらもっと強くなれるんじゃないか」といった葛藤もあったが、それを乗り越えての優勝は大きな自信になったに違いない。

 目標とするアジア大会を制した野口だが、その視線はさらに先を見据えている。

「アジア大会に出たことで、あらためて3種目の中での自分の弱いところがたくさん見つかりました。3種目とも強くならないといけないんですが、コンバインドはスピードから始まるため、そこで下位になってしまうとボルダリングもリードもミスが許されなくなる。追い詰められてのトライになってしまうので、精神的にきつくなることを実感しました」

 東京五輪でもコンバインドが実施されることを考えると、スピードの強化は不可欠。これまではスピードのトレーニングに費やす時間がなかなか取れなかったが、この冬から来シーズンにかけてその割合を増やしていくだろう。

 同じくアジア大会に出場して4位に入った伊藤ふたばをはじめ、10代の選手が勢いを増すクライミング界で、いまだ日本をけん引し続ける29歳の野口。得意のボルダリング、リードに加えてスピードの力がつけば、さらなる進化を遂げることは間違いない。

 息をつく暇もなく、野口は9月6日からオーストリア・インスブルックで行なわれる世界選手権に出場する予定だ。心身ともに厳しい状態ではあるが、立ち止まってはいられない。野口が登り続ける険しい山の先は、2年後の東京五輪へと続いている。