2018年東京六大学野球 秋季リーグ戦
BIG6.TV 注目選手

立大・種田真大(④大垣日大)、飯迫恵士(④神戸国際大付)

この春、開幕から好スタートを切り優勝を狙える位置にいたが、優勝争いをしていた慶大、明大に続けてカードを落とし2位となった立教大学。春季スタート時、現役最多安打を放っていた飯迫と規定まで3打席足りなかったものの打率4割超をマークした種田。

明るい野球が持ち味の立大野球を中心で引っ張る4年生ふたりに、この秋にかける想いを聞いた。