近年、サッカー界の頂点には、アルゼンチン出身でバルセロナ所属のリオネル・メッシと、ポルトガル出身でレアル・マドリード所属のクリスティアーノ・ロナウドという2人の絶対的スター選手がいます。両選手が獲得したバロンドール(年間最優秀選手賞)は合わせて9つに上ります。

今夏、メッシはアルゼンチン代表としてコパアメリカに出場中。そのため、EURO 2016はロナウドの独壇場で、あらゆるところにロナウドと関わりの深い商品がみられます。

ロナウドはナイキと長期契約を結んでいるほか、パートナー契約を結んでいる企業は「ペスターナホテルグループ」「ハーバライフ」「CLEAR」(クリア)「Scoor Brothers」「タグホイヤー」「Pokerstars、XTrade」のほか、下着・シャツ・香水・靴などを取り扱う自身のブランド「CR-7」もあります。

ロナウドのSNSプラットフォームは、5月半ばの段階で、Twitterのフォロワー数が4240万人、インスタグラムのフォロワー数が5900万人、フェイスブックのファン数が1億1159万人となっています。

ポルトガル代表選手としての認知度はもとより、ヨーロッパ中で影響力の大きいロナウドですが、全世界的とは一概に言えません。驚くべきことですが、サッカー大国のブラジルやアルゼンチンでロナウドの知名度はやや乏しいようです。また、中国での認知度は82%、日本で84%、インドで78%となっている。

今後もっとも商業的に大きな伸び率が期待されるのはアメリカかもしれません。代表チームの活躍により、アメリカ国内での人気は高まっている上、MLSは成長し、TVでも欧州サッカーを観戦できる機会は増えつつあります。

ロナウドの認知度はアメリカで2014年5月から2015年5月の間に、29%から39%に上昇。この間、ロナウドはワールドカップに出場し、UEFAチャンピオンズリーグにも出場を果たしています。

【欧州サッカーで最も巨額の契約を結んだプレーヤー】

◆ナイキ
1 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)1900万ユーロ
2 ウェイン・ルーニー(イングランド代表)300万ユーロ
3 ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン代表)150万ユーロ

◆アディダス
1 ガレス・ベイル(ウェールズ代表)400万ユーロ
2 ポール・ポグバ(フランス代表)400万ユーロ
3 メスト・エジル(ドイツ代表)300万ユーロ