【写真提供=共同通信社】金足農-日大三  金足農-日大三 9回裏日大三無死、代打小沢を二ゴロに打ち取り、雄たけびを上げる金足農・吉田=甲子園

 

「吉田君をうち(日大三)の選手がどれだけ打てるか、その一点だけです」
 小倉全由監督がポイントに挙げたゲームの焦点だ。

準決勝第1試合、金足農の吉田輝星対日大三打線。小倉監督はその大会ナンバーワン投手の総合力と成長している姿を見せつけられたゲームだったのではないだろうか。

「吉田君はピッチングだけではなくて、バッティングも思い切りがいい。それにファーストへも全力で走る。そしてメンタルがいいんでしょうね」と小倉監督がゲーム前に評した言葉だ。

 まず、吉田が投手として能力の高さを見せてくれた部分だ。
一回の日大三は2死から3番の日置航がレフト前ヒットで出塁する。が、盗塁を試みたが刺されて3人で攻撃を終わった。吉田にとって順調に滑り出せた。
「対戦したチームはストレートを狙ってきていて、日大三も狙っているのがわかった。初回、三人で滑り出せたのが大きかった。前半は変化球でかわしていって、うまく行った」と吉田は言う。

 日大三の二回は準々決勝の同点打のヒーロー高木のツーベースの2死二塁、四回はエラーが絡んだ2死、一、三塁と好機があったが、吉田が踏ん張る。
「今日はストレート系の変化球が良かった」と言うように、カットボールも使っていた。その他にも打ち取るスライダーとカウントを取るスライダー、ツーシーム、スプリット、タイミングを外すカーブと試合を重ねるごとに精度を増していた。
 日大三は八回、1死から金子凌がライト前、木代成が三遊間を破る。日置が倒れて4番の大塚晃平が三遊間を破って1点差に迫った。しかし、続くチャンスに中村奎太はカウント2-2から空振り三振だった。
吉田の奪三振は一桁の七つ。これまでのゲームの中で最小だった。イニングの3アウトめにとったものは七回までは全てストレートで奪っていたが、この八回は勝負どころの終盤で裏をかいたのか、高めの変化球だった。そして最大のピンチを凌いだ。
「最小失点に抑えてくれた。今日がベストピッチ」と中泉一豊監督が言った。

ピンチを未然に防いでセンスを見せたのは五回。日大三は無死から飯村昇大がヒットで出る。八番、佐藤英雄は一塁方向へのバント。吉田自ら、セカンドで走者を封殺している。この時のバント処理も、一度は三塁側に駆け下りてから、向きを変えて捕って反転して送球、間一髪アウト。運動神経の高さを感じさせた。

また、吉田がどれだけ、落ち着いて相手を観察出来て、メンタルが強い投手か。
中泉監督は「今日は全般的に安心して見ていられた」という。次の一言がよく、表していた。
「ランナーが出てもプレッシャーを与えていたので」
 吉田本人もゲーム後、言っている。
「八、九回はいつも以上に冷静になってけん制も使って、注意して抑えるぞと思いました」
 そのけん制が巧みだった。時に素早く、時にセットポジションに入ってランナーを焦らすように長くボールを持った。ランナーは動き出すタイミングを失っていた。
 八回にこんなことがあった。
 日大三の一塁走者を必要に牽制する場面だ。
小倉監督が言う。
「私がランナーにリードを大きく取れと、ゼスチャーで示すんですが、それを吉田君が私を見ているんです。それで、リキんで牽制球を投げる。ふざけるな、とでも言いたげに(笑)たいしたもんだなと」
 吉田は相手ベンチを見る冷静さと、選手だけでもなく、優勝監督までも感心させてしまう向こうっ気の強さ。試合を通して優位に立っていた。

 日大三、最後の攻撃。
 1死から飯村と代打の前田聖矢が内野安打で一、二塁のチャンスを作る。だが柳沢真平と金子は外野フライに終わってゲームセット。2者とも140キロ前半のストレートを打った。
 小倉監督は「低めの変化球と高めは見切る。ベルト付近を狙う。ただ、どのチームもそう言ってベルト付近を狙っているはずなのに、ホップして打てないんでしょうね。それをどうするか」
 9安打を奪ったが1得点(スコアは2対1)。
 吉田は最終回に、この日最速の148キロを計測している。にしても、日大三にとって終始、打てそうで、打てないストレートだった。
九回、打席に立ってセカンドゴロに終わった小沢優翔が言う。
「真っすぐを打ってやろうという気持ちだったが2球、真っすぐを見逃してしまった。特段、速いと思わなかった。なぜ手がでなかったのか、わかりません」
4打数ノーヒットの柳沢が続ける。
「吉田君はピンチでもランナーが出ても思いきりよく投げて、空振りが取れる投手。球が重いという印象はないが、伸びていたんだと思います」
「こういう投手を打てないと甲子園では勝てない」(小倉監督)。

『ヒーローが日替わり』と言われ、吉田本人も「打撃に助けられている」と度々、仲間を讃える。しかし、あえて言うが、金足農はワンマンチームだ。吉田が投げて三振をとって、打って走る。最も先頭に立って、ナインを引っ張っているのがマウンドで表情豊かで、鼓舞していることだ。歯を見せて笑って、拳を握って吠えて、勝利の瞬間は人差し指を空に突き上げる。これにナインもついていく。ワンマンチームだって悪くない。

 日大三の準々決勝、八回の一気逆転勝利。小倉監督は「うちも旋風を起こしてるんですがね」と言ったが、金足農が甲子園にもっと大きな旋風を起こしている。中泉監督は勝利の瞬間、選手に言われたそうだ。
「監督、決勝戦ですよ(爆笑)」
 我に返ったに違いない。第一回大会以来、103年ぶりの秋田県勢、決勝進出!

(文・清水岳志)