8月18日。水泳競技二日目。

◯ 女子50m自由形決勝

中学で50mと100m自由形の二種目で全国大会を二連覇した日大藤沢2年生大内紗雪選手が

序盤のリードを守りきり、そのまま優勝を飾りました。

 

◯ 男子50m自由形決勝

第4レーン、羽黒 今野太介選手と第5レーン麻生総合 末永亨馬選手が接戦を繰り広げます。

結果は、同着。共に自己ベストを更新した末永選手と、今野選手が優勝を飾りました。

 

◯ 女子200mバタフライ

100m地点で、昨年2位の千葉商大付属、山川唯巴選手が先頭で折り返します。

ところが後半、昨年3位の須磨学園西村麻亜選手が勝負に出ます。

150mのタイムでトップを奪い、山川選手が追いかける展開に。

リードを守りきった須磨学園西村選手が雪辱を果たし、優勝しました。

 

◯ 男子200mバタフライ

序盤からトップに立ったのは中京大中京、石川愼之助選手。

最後まで先頭を譲らず、予選で出した自己ベストをさらに更新。地元愛知県で優勝を飾りました。

 

◯ 女子200m自由形

100mをトップで折り返したのは埼玉栄 永島遥選手。

ところが残り50mで豊川 今井美祈選手が追い上げを見せ、

結果は豊川 今井選手が接戦を制し、逆転優勝を果たしました。

 

◯ 男子200m自由形

昨年全中1位の慶応、石田虎流選手が序盤からレースをリード。

ところがラスト50m。

第5レーン日大豊山 吉田啓祐選手が追い上げ、わずか0秒33の差で吉田選手がこの勝負を制します。

優勝にこだわり、隣の石田選手を見ながら泳いだという吉田選手。

昨日の400m自由形2連覇につづき、2冠を達成しました。

 

◯ 女子100m背泳ぎ

前半50m。第5レーン日大藤沢 城戸祐菜選手がレースを引っ張ります。

第6レーン淑徳巣鴨 片桐珠実選手が追いかける展開に。

手に汗握る接戦に、会場も熱気に包まれます。

結果は、同タイム。日大藤沢城戸選手と淑徳巣鴨片桐選手の同着優勝となりました。