4階級目の世界タイトルを大きく手繰り寄せ、松本トレーナーと抱き合う八重樫。リング下中央で手を叩いているのは井上尚弥。

 

 

 スーパーフライ級で日本人初の4階級制覇を目指す八重樫東(35=大橋)が前WBOアジア・パシフィック同級王者向井寛史(32=六島)と後楽園ホールで対戦し、再起2戦目を7ラウンドTKO勝利を飾った。

 交えた拳にボクシング人生の執念が込められていた。35歳と32歳のベテラン同士の対決。「疲れましたね。ボクシングができる喜びをかみしめながらリングに上がった。お互い年齢も年齢。引けない勝負だった」と八重樫が振り返るように、1ラウンドから両者の前がかりの攻撃的なスタイルがぶつかった。試合が動いたのは6ラウンド。右フックがクリーンヒットして向井をダウン寸前に追い込むと、7ラウンドも左右の強烈なパンチを浴びせてレフェリーが止めた。

・合わせて読みたい→
【対談】コンプレックスを強みに変えて強い者を倒す楽しさ 競輪・後閑信一×ボクシング・八重樫東(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/akirayaegashi-shinichigokan-conversation-02/)

 

 

 大橋秀行会長とリング上で抱き合って笑みを浮かべた八重樫は、日本ボクシング連盟の山根明会長が辞任した一連の騒動に言及。「ボクシングも今なんか色々ごたごたごたごたありますけど、一生懸命ボクサーをやっています。ボクサーを1人1人心から応援して頂ければもっとボクシング界は盛り上がると思う」と満員のファンに呼び掛けて大歓声を浴びた。世界戦に向けて着実に階段を上っている。「今日みたいな内容だとまだ一つ足りない」と反省も忘れなかった。

 

KOに向けて拳を大きく回すパフォーマンスをする八重樫

 

 

KOに向けて打ち込む八重樫。左端は同僚の闘いを見守る井上尚弥

 

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

八重樫 東(やえがし・あきら)

1983年(昭58)2月25日、岩手県北上市生まれの35歳。拓殖大学在籍時に国体でライトフライ級優勝。卒業後、大橋ジムに入門。元WBA世界ミニマム級王者、元WBC世界フライ級王者、元IBF世界ライトフライ級王者と世界3階級制覇を成し遂げる。スーパーフライ級で日本人初の4階級制覇を目指す。プロ通算32戦26勝(14KO)6敗。162センチ。右のボクサーファイター。