パンパシフィック水泳選手権最終日、200m平泳ぎを制したのは、世界記録保持者の渡辺一平(早大)だった。初日の100m平泳ぎでは、小関也朱篤(やすひろ/ミキハウス)が2連覇を達成したが、2大会連続の2冠は阻止した。

 200mの予選で2分12秒15の6位と、渡辺には勝機がないように思えた。しかし、予選は彼にとっては予定どおりのレースだったという。



今の自分にできることを出し切った結果200m平泳ぎで優勝を果たした渡辺一平

「いい練習が積めてないという自覚はあったし、2本泳げる力が今の僕にないことはわかっていたので、できる限り力を使わず感覚重視を心がけて泳いだ」

 身長193cmの長い手足を生かした大きな泳ぎを武器にする渡辺は、初代表だった16年リオデジャネイロ五輪では、準決勝で五輪新(2分07秒22)を出しながら、決勝では6位と悔しい思いをした。その半年後、渡辺は17年1月には東京都選手権で2分06秒67の世界記録をマークして優勝を飾っている。

 しかしその後は振るわず、4月の日本選手権ではラスト50mで小関に逆転されて2位、8月の世界選手権でもアントン・チュプコフ(ロシア)と小関を捕らえきれず3位。メダルを獲得して世界記録保持者としての面目は保ったものの、頂点には立てず、ここでも悔しさを味わった。

 また今季は、昨年末からのケガの影響もあって4月の日本選手権では記録が伸びず、またしても小関に敗れた。続く6月のヨーロッパグランプリのバルセロナ大会、モナコ大会では連勝して調子を取り戻していたが、その後6月下旬から2週間発熱。練習を積み重ねることができなかったため、この大会は決勝の一発にかけていたのだ。

 その決勝で渡辺は、レースプランをまったく考えず、流れの中で自分の感覚を信じる泳ぎに徹した。最初の50mを3位で折り返すと、100m通過は2番手。150mでは再び3位になったが、ラスト50mで挽回して、2分07秒75でシニアの国際選手権大会での初優勝を決めた。

「すべて感覚で、ストローク数も考えずに自分の気持ちのまま泳ぎました。ラスト勝負という思いも全然なかったです。最後はすごくきつくて、自分がどんな位置にいるかもわからなかったけれど、ラストは勝ちたいという思いだけでガムシャラに泳いでいました」

 世界記録を出した時の泳ぎは、最初の50mの入りが28秒95。2位だった昨年の日本選手権では28秒70で、3位になった世界選手権決勝も28秒96と、世界記録のときと比べて悪くないものの、勝てないレースが続いていた。そんな渡辺が復調の手がかりをつかんだのが、今年6月のバルセロナ大会だった。

「ヨーロッパグランプリ最初のカネ大会ではチュプコフに負けたけど、『自分はもっといけたはず』という感覚も残っていた。だから、次のバルセロナでは彼に惑わされずに、自分自身のいいレースをすることを心がけて泳いだら、いいタイムも出て優勝できた。周りのことをあまり気にせず、自分の泳ぎに集中している時が一番いい泳ぎができるし、納得いくレースができて勝負強さも見せられていたので、自分自身が200mをどうやって速く泳ぐかということだけを心がけるようにしました」

 納得できる練習を積み重ねられないまま臨んだレースだったが、展開を考え過ぎることなく、無心で泳ぐことができた。それが結果につながり、次へ進む手応えとなった。

 今回も「150mのターンでは、周りが何も見えないように目をつむっていた」と自分の泳ぎに集中することで勝利をつかんだ。それは、彼が本能のまま泳いだ結果ともいえる。そんな素の自分に戻ったレースを経験したことで、渡辺は「今後再び自分にとってベストなレースパターンを見つけていけばいい」と考えている。

「去年の世界選手権もそうでしたが、狙ったレースでなかなか勝てなかったので、今回のパンパシで勝てたのはうれしいです。こういう狙った大会で小関さんに勝てたことも今まではなかったし、いい練習も積めていなかった中で、今持てる力を精一杯出せて勝てたのは、次につながるいいレースになったと思います。

 記録は満足できるものではなかったけれど、これで200mはヨーロッパグランプリのバルセロナ大会から3連勝ですから。今年の課題にしているのは『勝負強い選手になること』なので、これからも勝ち続けるためにどんどん強化していきたい」

 小関という強力なライバルが身近にいることに加え、昨年の世界選手権ではラスト50mを31秒99で泳ぐ強烈な追い上げで優勝したチュプコフが同い年であることも、渡辺の闘争心を掻き立てている要因だろう。

 レース後の会場インタビューで、北島康介から「日本の平泳ぎを託した」と言われた渡辺。21歳の世界記録保持者は、この勝利を足掛かりに、さらなる進化への道を歩み始める。