8月12日剣道競技の最終日、男子、女子、個人、団体決勝トーナメントが行われました。

 

女子個人戦決勝

昨年の覇者、赤 中村学園女子高校 妹尾舞香選手が2連覇を目指し、白 松山北高校 渡邊茜選手と対戦しました。

勝敗の行方は延長戦へ。

妹尾選手が鮮やかに面を決め、2連覇達成です。

 

男子決勝

赤 八頭高校 加藤竜成選手  対 白 佐野日大高校 大平翔士選手の戦い。

両者決め手がないまま、勝敗は延長戦へ。

開始9秒、面を決め大平選手が初優勝です。

 

 

強豪校同士の対戦となった女子団体決勝、選抜も制し大会3連覇を狙う、白 中村学園女子高校(福岡)と赤 茨城県代表 守谷高校(茨城)の対戦。

先鋒戦。

守谷 福居選手が一本を取り、まず1勝をあげます。 

 

次鋒戦

内藤選手も面を決め、守谷2勝目をあげます。

 

中堅戦

後のない、中村学園女子、笠選手が面で一本を取り、次に繋げます。

 

副将戦を引き分け

中村学園女子は大将、妹尾選手に託します。

妹尾選手が柿元選手から一本を取り、勝敗は代表戦へ。

 

代表戦

先ほどと同じく、大将同士の戦いになりました。

最後は妹尾選手が面を決め、中村学園女子3連覇達成です。

 

 

男子決勝

選抜王者の赤 九州学院高校(熊本)が白 兵庫県代表 育英高校と対戦しました。

先鋒、次鋒と引き分けます。

中堅戦

九州学院、池内暢斗選手が勝利します。

大将戦

九州学院 重黒木祐介選手が延長戦の末、勝利。

九州学院、選抜に続き2冠達成です。