KDDIは、スポーツデータマネジメントサービスを提供するユーフォリアに、ベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 2号」を通じて出資した。

ユーフォリアは、2012年からスポーツ領域に特化したSaaS型データマネジメントサービス「ONE TAP SPORTS(ワン タップ スポーツ)」を開発・提供しているスポーツ・テック企業だ。試合や練習から得られる行動データと、食事メニューやケガの状態など組み合わせて分析し、アスリートへの適切な指導やアドバイスを可能にするONE TAP SPORTSにより、ラグビー日本代表をはじめ各競技の日本代表チームやトップアスリートをサポートしている。

今回の出資は、5G時代を見据えており、スポーツ領域での新たなスポーツビジネスの共創に向けた取り組みとなる。今後、KDDIのビッグデータ分析・活用ノウハウや通信技術、販売網などをユーフォリアの持つ技術と組み合わせ、スポーツ現場でのさまざまな課題を両社で解決していく。