大会2日目をデータで分析、光った高知商のストライクゾーンのスイング率

 大会史上初のタイブレークに待ちこまれた試合まで行われた6日の夏の全国高校野球選手権第2日目。1回戦屈指の好カードもあり、甲子園は大盛況の模様。そんな球児の戦いぶりをセイバーメトリクスの指標で分析してみます。

◯攻撃指標
(O-swing%はボールゾーンのスイング率、Z-swing%はストライクゾーンのスイング率、Z-contact%はストライクゾーンのコンタクト率)

【山梨学院】
得点12 打率.359 出塁率.419
長打率.564 OPS.983 盗塁4/5
O-swing% 23.8% Z-swing% 61.8% Z-contact% 89.8%

【高知商業】
得点14 打率.421 出塁率.463
長打率.711 OPS1.174 盗塁1/1
O-swing% 25.0% Z-swing% 71.7% Z-contact% 96.2%  

【作新学院】
得点1 打率.188 出塁率.212
長打率.188 OPS .400 盗塁1/1
O-swing% 29.5% Z-swing% 73.8% Z-contact% 86.7% 

【大阪桐蔭】
得点3 打率.250 出塁率.290
長打率.357 OPS.647 盗塁2/2
O-swing% 16.4% Z-swing% 56.7% Z-contact% 97.4%

【沖学園】
得点4 打率.405 出塁率.476
長打率.568 OPS1.044 盗塁1/1
O-swing% 23.9% Z-swing% 73.9% Z-contact% 92.2%

【北照】
得点2 打率.294 出塁率.314
長打率.324 OPS.638 盗塁 0/0
O-swing% 23.3% Z-swing% 60.9% Z-contact% 94.9% 

【佐久長聖】
得点5 打率.283 出塁率.321
長打率.321 OPS.642 盗塁1/1 
O-swing% 31.5% Z-swing% 64.2% Z-contact% 86.9% 

【旭川大】
得点4 打率.222 出塁率.352
長打率.267 OPS.619 盗塁 0/0
O-swing% 28.7% Z-swing% 62.5% Z-contact% 90.0%

 第1試合の山梨学院vs高知商業では、高知商業のZ-contact率の高さが光りました。7回裏の集中打が出た場面では、相手投手が投じる球がストライクゾーンに集まるところに狙いを定め、4人連続で初球をヒットにし、逆転、勝ち越しに成功しました。

 第2試合では、大阪桐蔭が作新学院の投手陣に対して7安打、OPS.647と抑えられ、予選での打棒爆発を期待した地元ファンには物足りなさを感じられたかもしれません。しかし、O-swing%16.4%にあらわれるボール球に手を出さない選球眼の良さ、Z-contact%97.4%に現れるストライクの球を捉える能力の高さなど、その内容はやはり強豪校の片鱗を見せています。

旭川大高の楠茂はほとんどのアウトをゴロで奪う

◯投手指標
(P/IPは1イニングあたりの投球数、WHIPは1イニングあたりで安打、四球でどれだけ走者を出したかの指標、GO/AOはゴロアウトの総数をフライアウトの総数で割って算出)

【山梨学院】
垣越建伸(左)
5回1/3 投球数109 P/IP 20.44 WHIP 2.25 GO/AO 0.83
相沢利俊(左)
1回 投球数15 P/IP 15.00 WHIP 5.00 GO/AO 1.00
鈴木博之(右)
1回2/3 投球数30 P/IP 18.00 WHIP 1.20 GO/AO 0.50

【高知商業】
北代真二郎(右)
9回 投球数150 P/IP 16.67 WHIP 2.00 GO/AO 1.13

【作新学院】
高山陽成(右)
2回 投球数37 P/IP 18.50 WHIP 1.50 GO/AO 1.00
佐取達也 (左) 
5回 投球数77 P/IP 15.40 WHIP 0.60 GO/AO 0.75
林勇成 (右) 
1回 投球数20 P/IP 20.00 WHIP 3.00 GO/AO 2.00

【大阪桐蔭】
柿木蓮(右)
9回 投球数105 P/IP 11.67 WHIP 0.78 GO/AO 2.00

【沖学園】
斉藤礼(右)
9回 投球数124 P/IP 13.78 WHIP 1.22 GO/AO 1.09

【北照】
原田桂吾(左)
9回 投球数140 P/IP 15.56 WHIP 2.22 GO/AO 5.00

【佐久長聖】
林虹太(右)
6回 投球数99 P/IP 16.50 WHIP 1.50 GO/AO 1.60
小嶋大晟(右)
1回 投球数15 P/IP 15.00 WHIP 0.00 GO/AO ∞
北畑玲央(右)
7回 投球数105 P/IP 15.00 WHIP 1.43 GO/AO 1.71

【旭川大】
沼田翔平(右)
8回  投球数122 P/IP 15.25 WHIP 1.38 GO/AO 1.29
楠茂将太 (左) 
6回  投球数84 P/IP 14.00 WHIP 1.17 GO/AO 13.0

 大阪桐蔭の柿木投手は、9回105球、安打6本は全て単打、WHIP0.78と相手に出塁を許さない安定したピッチングを披露しました。コースも低めに集まり、全投球の47.6%が低めに投じられたものです。また空振り奪取率も、全投球で15.2%、スライダーで22.5%、フォークで27.3%という出色の数値を残しています。

 なお、旭川大高の楠茂投手のGO/AOは13。ほとんどのアウトをゴロでとったことが示されています。(鳥越規央 / Norio Torigoe)

鳥越規央 プロフィール
統計学者/江戸川大学客員教授
「セイバーメトリクス」(※野球等において、選手データを統計学的見地から客観的に分析し、評価や戦略を立てる際に活用する分析方法)の日本での第一人者。野球の他にも、サッカー、ゴルフなどスポーツ統計学全般の研究を行なっている。また、統計学をベースに、テレビ番組の監修や、「AKB48選抜じゃんけん大会」の組み合わせ(2012年、2013年)などエンターテインメント業界でも活躍。JAPAN MENSAの会員。一般社団法人日本セイバーメトリクス協会会長。
文化放送「ライオンズナイター(Lプロ)」出演
千葉ロッテマリーンズ「データで楽しむ野球観戦」イベント開催中
トークイベント「セイバー語リクスナイト」7月19日開催