智弁和歌山は先頭打者が7度出塁も3得点のみ、大阪桐蔭との再戦ならず

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は7日、第3日第2試合で近江(滋賀)が智弁和歌山(和歌山)を7-3で破り、夏通算10勝目を挙げた。今年春の選抜大会で準優勝した智弁和歌山は初戦敗退に終わった。

 近江が長打力で智弁和歌山を圧倒した。2点を先行されたものの、4回1死二塁で4番・北村が甲子園の左中間深いところへたたき込む同点2ランで追いつくと、5回には7番・山田が右翼席へ飛び込む勝ち越しのソロ。リードを奪った。

 そして8回には、2死三塁から3番・家田の右前適時打で1点を加えた後、北村が今度は思い切り引っ張って左翼席へこの日2本目の2ランでダメ押し。智弁和歌山の左翼手が、打った瞬間2歩ほど歩いただけであきらめたほどの強烈な当たりだった。

 長打力のみならず、4回には2番を打つ1年生の土田が先頭で初球をたたいて投手強襲安打。次打者の初球でいきなり二盗を決めるなど、機動力もからめて智弁和歌山先発の平田を揺さぶり、主導権を握る試合巧者ぶりを見せた。

 守っては、先発に滋賀大会1試合しか登板していない右サイドスローの松岡を抜擢。2点を取られたところで左腕・林にスイッチ、さらには右の本格派・佐合、背番号1の左腕・金城とタイプの違う投手を継投して智弁和歌山の強力打線を抑え込んだ。

 智弁和歌山は7度も先頭打者が出塁しながら、5回2死満塁も得点ならず、残塁の山を築く拙攻。近江の守備網にも引っかかり、6回無死一、二塁では捕手の牽制で飛び出していた二塁走者が刺された。さらに、7回には3番・林がこの日初安打で出塁しながら、4番・文元が見逃し三振。盗塁を試みた林も刺されて三振ゲッツーと、再三の好機を逸したのが響いた。

 林、文元のプロ注目スラッガーコンビはともに打点なし。甲子園春夏通算68勝の最多記録を持つ智弁和歌山の高嶋仁監督は、今大会で勝利を積み重ねることはできず。選抜決勝で敗れた大阪桐蔭との対戦までたどり着けなかった。(Full-Count編集部)