8月6日。メッセウイング・みえ にて

レスリング競技3日目、女子個人戦決勝戦が行われました。

 

昨年46キロ級を制した吉元玲美那選手(埼玉栄)は、今年は階級を50キロに上げて出場。

判定で勝利を収め、優勝を果たしました。

53キロ級にも連覇を狙う今井佑海選手(海洋)。

テクニカルフォールで勝利を収め、こちらも二連覇を果たしました。

昨年70キロ級第2位の宮道りん選手(今治工業)は68キロ級に出場。

寺本鈴選手(中京院中京)を相手に、テクニカルフォール勝ちし、優勝を飾ります。

74キロ級には鏡優翔選手(帝京)。危なげない試合運びでテクニカルフォール勝ち。

昨年の70キロ級に続き、二連覇達成。

47キロ級は伊藤海選手(網野)対清水美海選手(網野)の同校対決。

伊藤選手が判定で勝利しました。

57キロ級も同校対決の稲垣柚香選手(至学館)と永本聖奈選手(至学館)。

稲垣選手が判定で勝利。

62キロ級は石井亜海選手(安部学院)が小石亜紀選手(小倉商業)にテクニカルフォール勝ち。優勝しました。