9回に北照の岡崎が負傷、治療中に沖学園ベンチから…

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は6日、大会2日目が行われた。第3試合では北照(南北海道)と沖学園(南福岡)が対戦。9回表、沖学園の攻撃中に、対戦校の垣根を越えた心温まる一幕があった。

 沖学園が2点リードで迎えた、この回。先頭の吉村脩希が左翼の頭上を越える二塁打を放った。この時に、打球を追った北照の左翼・岡崎翔太が左足を痛め、外野の芝生上に倒れ込んだ。味方選手が岡崎の左足を伸ばし、ストレッチを行なっていると、そこに左翼に近い三塁側ベンチから沖学園の選手が飲料水の入ったコップを持って左翼へ走っていった。

 帽子を取って感謝する北照の選手にコップは手渡され、岡崎の下に。敵味方を越えた球児たちの助け合う姿勢には、スタンドからも大きな拍手が送られていた。岡崎は一度ベンチに下がり治療を受けると、その後試合に復帰し再びスタンドからは大きな拍手が巻き起こっていた。(Full-Count編集部)