2016年の覇者・作新学院は打線が柿木を攻略出来ず…

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は6日、大会2日目が行われた。第2試合では選抜王者の大阪桐蔭(北大阪)が、2016年の優勝校である作新学院(栃木)を3-1で下して、史上初となる2度目の春夏連覇へ好発進した。

 大阪桐蔭は2回、この日「5番・遊撃」で出場したプロ注目の根尾昂が巧みなバットコントロールで左翼線への三塁打を放って出塁。1死となり、7番の山田健太が左翼への犠飛を放って先制に成功した。

 その後は作新学院の2番手左腕の佐取達也の前に苦戦し、なかなか追加点を挙げられなかったが、8回2死二塁から4番の藤原恭大が右前へ適時打。打球を右翼手が後逸する間に、藤原も一気に本塁へと生還しリードを広げた。

 このリードを先発のエース柿木蓮が1人で守り切った。初回に2死一、二塁のピンチを脱すると、2回以降も作新学院打線を封じ込めた。4回から8回まで5イニング連続で3者凡退。9回に3本の安打で1点を失ったが、1失点完投勝利を飾った。(Full-Count編集部)