1点を追う7回に前田、西村の連続タイムリーで逆転

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会2日目の第1試合は高知商(高知)が14-12で山梨学院(山梨)を下し12年ぶりの勝利を挙げた。

 山梨学院は初回に2死二塁から4番・中尾が三塁へタイムリー内野安打を放ち先制する。だが、高知商がすぐさま反撃。2回に8番・北代のタイムリー二塁打で同点。3回には4番・藤高が大会1号となる2ラン、4回に1番・前田のタイムリー、3番・乗松の大会2号2ランなどで4点を奪いリードを広げた。

 だが、5回に山梨学院は脅威の集中打を見せた。1死一、三塁から8番・藤本のタイムリー、満塁から1番・清水が押し出し四球、2番・菅野の中前2点適時打で2点差に迫ると、再び満塁のチャンスを作り4番・中尾が大会3号となる満塁アーチを放ちこの回一挙8点を奪い逆転に成功した。6回にも1番・清水の左前適時打で追加点を挙げた。

 高知商は3点を追う6回。1死一、二塁から2番・西村が右中間へタイムリー二塁打、3番・乗松の中前適時打、4番・藤高の中前2点タイムリーでこの回一挙4点を奪い逆転に成功した。

 7回に山梨学院が再び逆転。1死走者なしから5番・野村が左翼席へ大会4号ソロを放つと、2死一、二塁から9番・鈴木の遊撃へのゴロがイレギュラーし高く跳ね左前へ転がる勝ち越しタイムリーとなった。

 だが、その裏。高知商は1死一、二塁から9番・浜田の左前タイムリーで同点に追いつくと、1死満塁から2番・西村が左前2点タイムリーを放ち再び逆転に成功した。(Full-Count編集部)