同点で迎えた9回2死一、二塁で宮尾が中前へサヨナラ打

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第1日目の第3試合は、慶応(北神奈川)が3-2で中越(新潟)にサヨナラ勝ちした。

 慶応は2-1とリードした7回、中越・広瀬の左前打を左翼手が後逸。ボールが外野を転々とする間に打者走者の生還を許し、同点に追いつかれた。

 試合は同点のまま最終回にもつれ込むと、9回裏に決着。2死から四球と右前打で2死一、二塁のチャンスを作ると、1番・宮尾将内野手(3年)が中前に適時打を放ってサヨナラ勝ち。劇的な幕切れで、接戦にケリをつけた。

 中越は先発右腕の山本雅樹(3年)と左腕の山田叶夢(3年)を相手打者の左右によって小刻みに継投、慶応打線をかわしていたが、最後の最後に痛打を浴びた。相手の7安打を上回る8安打を放ったものの、惜しくも競り負けた。8回、1死一、三塁の勝ち越しの好機にスクイズを失敗、飛び出した三塁走者が刺されたミスも痛かった。(Full-Count編集部)