春は明徳義塾、夏は済美に敗れる 四国勢の壁厚く…

 第100回全国高校野球選手権記念大会第1日第2試合は、済美(愛媛)が中央学院(西千葉)に5-4と競り勝って2回戦に進出した。

 済美は2-2で迎えた4回、2死一、二塁から9番・政吉完哉(3年)の中前適時打で勝ち越し。さらに重盗を仕掛けて三塁走者が生還して4点目。さらに1番・矢野功一郎(3年)の、この日3安打目となる右前適時打で加点した。矢野はこの日、5打席で4安打1四球の大爆発。単打2本、二塁打、三塁打で、あと本塁打が出ればサイクルヒットという大当たりだった。

 愛媛大会をひとりで投げぬいてきたエースの山口直哉(3年)も、140キロ台前半の直球で丹念に低めをつき、チェンジアップ、スライダーを投げ分けて7安打4失点で完投。昨年に続き、甲子園ですっかりおなじみになった「やれば出来るは 魔法の合言葉」の校歌を響かせた。

 中央学院は、1回に先制を許しながらも2点を奪ってリードしたが、逆転を許した後の5回から7回まで三者凡退と山口の前に打線が沈黙。8回にようやく1点を奪って詰め寄ったが、無死一、三塁で捕手が投球をはじいたのを見た一塁走者がスタートしたが、二塁送球でタッチアウト。同点の走者を走塁ミスで失ったのが痛かった。

 エースで4番の主軸・大谷拓海(3年)は右翼手として出場。初回1死三塁で勝ち越しの左犠飛を放ったものの、その後は山口の低めの変化球に手を焼き無安打。8回、1点差で2死一塁と一発出れば逆転の場面でも空振り三振に倒れ、登板機会もなく最後の夏を終えた。(Full-Count編集部)