ジェイテクトSTINGSの”現役高校生Vリーガー”として話題を集めた18歳の西田有志(ゆうじ)が、全日本バレーチームでもオポジット(サーブレシーブをしない攻撃専門のポジション)のレギュラーの座を掴んでいる。

 身長は187センチとバレーボール選手としては小柄ながら、それを補ってあまりあるジャンプ力を生かし、国際大会デビューとなったネーションズリーグで活躍。その勢いのままに、7月28日、29日に行なわれた韓国との親善試合では、2戦合計で37得点を挙げてチームを2連勝に導いた。

 全日本のスター選手へと成長を遂げる西田に、名を広めるきっかけになった黒鷲旗全日本男女選抜大会や、初めての海外チームとの対戦、さらに、憧れの選手である石川祐希・柳田将洋の印象を聞いた。




全日本で18歳らしからぬ存在感を見せる西田

――Vリーグ期間中は苦しい試合も多かったですが、黒鷲旗では準優勝したチームで活躍し、最優秀新人賞(若鷲賞)と敢闘賞をダブル受賞しました。

「リーグではJT(サンダーズ)さんやFC東京さんに負けていたので、リベンジができてよかったです。リーグが終わった後に一度チームを離れ、全日本の合宿に参加して高さと速さのあるバレーを経験できたことが、黒鷲旗でも生かせたと思います。決勝でパナソニック(パンサーズ)さんには負けてしまいましたが、準優勝でもうれしかったです」

――その決勝の3週間後に始まったネーションズリーグには、どんな気持ちで臨みましたか?

「ネーションズリーグ初戦のオーストラリアとの試合は、レギュラーを取るつもりでプレーしました。その前に練習試合で戦ったオランダ戦とは雰囲気が違いましたが、そこで『海外のチーム相手にもやれる』という手応えを得ることができました。大会中に、ジャンプサーブをコースに打ち分ける感覚を掴むことができたのも収穫です」

――ネーションズリーグ・予選ラウンド第3週の大阪大会(6月8日~10日)では、「少し動きが硬くなってしまった」とも振り返っていました。

「とくに(8日の)ブルガリア戦は『母国での全日本デビューだ』という意識があったのと、その前の週のブラジル大会を戦った疲れが全然とれてなくて苦しかったです。第4週のドイツ大会では、飲んだ水が当たったのか、お腹の具合が悪くなったこともありましたし……。でも、代表でプレーするからには、そういう海外で試合をする難しさも乗り越えていかないといけませんね」

――それでも、大会を通してベストスコアラー4位にランクインしましたね。

「得点数も多かったですけど、ミスも多かったので改善しないといけない。それに、今回のネーションズリーグでは、相手チームに僕のデータがなかったから決められた場面もあったと思います。しっかり対策をされたときに自分がどう立ち向かえるのか。不安はなくて、逆にワクワクしています。この夏の合宿も充実して取り組めているので、時間が過ぎていくのが速い。練習の質は高いですし、成長できている実感もあります」

――合宿でも改善に取り組んでいると思いますが、ネーションズリーグ全体を振り返っての課題は?

「レシーブですね。僕は身長が低いのでレシーブができないと使いものにならない。理想は、セルビアの(ウロシュ・)コバチェビッチ選手です。同じサウスポーで、身長も海外の選手としてはあまり高くない(197センチ)んですけど、しっかりサーブレシーブもして得点を決めることができるので」

――中垣内監督にはどんなアドバイスをもらいますか?

「監督も現役時代は僕と同じポジションだったので、苦しいときの気持ちをわかってもらえています。練習中は、選手と一定の距離を置いて客観的にアドバイスをしてくれますが、練習がないときは『(練習以外の時間は)なにしてるの?』とか、フランクに話をしてくれることもあります」

――ネーションズリーグでホテルの同室になった柳田将洋選手は、西田選手について「すごくしゃべる。若さに圧倒されました(笑)」と言っていました。

「マサさんには直接、『ちょっとしゃべりすぎ』って言われました(笑)。マサさんとは初めて同室になったので、テンションが上がっていたこともあると思います。バレーの話はもちろん、ロシアW杯期間中はサッカーの試合を見て『このゴールはやばい!』と盛り上がって楽しかったです。

 サッカーは1点が試合の流れを大きく左右しますよね。そこはバレーと少し違うところですが、バレーも多くの人に応援されるような競技として認識されるように頑張りたいと思いました」

――柳田選手とは、一緒のコートでプレーするのも初めてでした。

「今までは、テレビなどを通してマサさんのプレーを見ていたので、一緒のコートに立てることは幸せです。これからも長く一緒にプレーできたらと思っています」

――韓国との親善試合では石川祐希選手とも一緒にプレーしましたが、どんな印象でしたか?

「サーブにしてもスパイクにしても、『そんなこともできるのか』と驚いてばかりです。視野がとても広いので、攻撃だけでなく守備でもサポートしてくれます。それは祐希さんが海外のチームでもプレーしながら、時間をかけて手に入れてきたものなんだと思います。すぐにはマネできないでしょうけど、僕も祐希さんみたいなプレーできるようになりたい。練習でも、すごく刺激をもらっています」

――韓国との試合から、西田選手の背番号が32から11になりました。意識にも変化がありましたか?

「32番はつける選手が多くないので、記念になる番号だったなと思っています。『32』の交代札がなく、交代のときに『3』と『2』の札を持って交代していたのもいい思い出です(笑)。新しい11番は、過去にマサさんや祐希さんも背負っていた番号。重みを感じますが、そのふたりに遜色ないようなプレーをしていきたいですね」



背番号が32から11に変わり、心機一転

――Vリーグデビューしてからわずか半年で全日本に定着しましたが、現在の自分をどう評価しますか?

「まったく満足はしていません。高校生のときとはまったく違う景色になって、自分の立場を考え直すときもありました。先日、海外で試合を行なうジュニアチームを見送る機会があったんですけど、『ユースチームに落選した僕が、今はジュニアを見送る立場になったんだ』と、あらためて実感しましたね。『この選手たちに抜かれるわけにはいかん』と身が引き締まりました」

――9月の世界選手権では、ネーションズリーグで戦った相手もさらにギアを上げてくると思います。

「今までの戦い方は通じないと思います。各国がベストメンバーで臨んでくるのに対して、今の僕のバレーがどこまで通用するのかを見極めながら、アクセントをつけて戦っていく。そこを疎かにしたら、僕のバレー人生に先はないと思っています」

――中垣内監督は、西田選手の身長も考慮して、レフトやライトでの起用も考えているとのことですが。

「サーブレシーブもするライトが、僕に一番しっくりするポジションだと思います。レフトは競争が激しいですし、サウスポーという特徴を生かせるのもライトなので。でも、どこのポジションでの起用になっても、全力で取り組むのみです。世界選手権でも思いっきり暴れてきます!」

◆意識に変化。石川祐希が語るイタリアでのプロの道を選んだワケ

◆栗原恵、残りの現役生活に迷いなし。目指すはチームでの活躍→全日本