先発は西千葉大会のエース格・西村

 第100回全国高校野球選手権記念大会は5日、開幕。第2試合に登場した中央学院(西千葉)のエースで4番・大谷拓海(3年)は「4番・右翼」で先発出場した。

 春の選抜大会では、大谷が投げて明徳義塾(高知)に9回逆転サヨナラ負け。その後、5月の練習試合で頭にボールを受け影響で、一時戦列を離脱したものの、その後復帰。西千葉大会では主に打者として出場し、決勝の東京学館浦安戦で本塁打を放つなど、中心打者として活躍を見せた。

 この日は地方大会でエースとして奮闘してきた背番号10の西村睦(3年)が先発。大谷は打者に専念して、夏の大会準優勝を経験している済美(愛媛)に挑んだ。

 西村は立ち上がり、先頭の矢野に二塁打を浴び、1死一、三塁から4番・池内の中犠飛で1点を失った。その裏、中央学院は1死から2番・平野が右越え二塁打で出塁。西千葉大会準決勝の習志野戦でサヨナラ本塁打を放った1年生の3番・青木優吾外野手が三遊間を破って同点とし、左翼手の悪送球の間に三進。ここで打席に立った大谷は、左翼へ大きな飛球を飛ばし、青木が勝ち越しのホームを踏んだ。(Full-Count編集部)