浦和学院・美又、木更津総合・篠木は登板の可能性十分

 かつては東邦・坂本佳一、早稲田実・荒木大輔、PL学園の”KKコンビ”桑田真澄&清原和博…1年生から甲子園で躍動し、名を上げた選手は多い。最近でも、東邦・藤嶋健人ら1年生選手が大会を盛り上げてきた。第100回大会でも、地方大会でバリバリ活躍し、甲子園に乗り込んできた1年生たちがいる。そんな”スター候補生”たちの中で、Full-Count編集部が注目するのはこの選手たちだ。

〇投手

 美又王寿(浦和学院) 中学校時代は飯塚ボーイズ(福岡)のエースとして活躍し、昨年の全国大会に優勝。今夏南埼玉大会準々決勝、朝霞戦では自己最速の143キロを計測した。継投で3番手としてマウンドに上がるパターンが多く、名門・浦和学院の”クローザー”として期待がかかる。

 篠木健太郎(木更津総合) 群馬・館林ボーイズ出身。春季関東大会準決勝の健大高崎戦で登板、東千葉大会でもリリーフとして5試合に登板しており、本大会でも出番はありそう。同校には、ソフトバンクの吉鶴憲治バッテリーコーチの息子で1年生左腕の吉鶴翔瑛もいるが、現時点では篠木の方が登板の可能性は高い。

〇捕手

 山田将義(二松学舎大付) 軟式野球のリトルジャイアンツからジャイアンツジュニアに選ばれ、2014年NPB12球団ジュニアトーナメントに優勝。アジア野球選手権の侍ジャパンU-12、U-15に選出された経験を持ち、高校入学後も1年生でレギュラー捕手として東東京大会を戦い抜いたスーパールーキー。

 栗田勇雅(山梨学院) 福島・いわきボーイズで活躍し、山梨学院入学後、春の関東大会の日大三戦でいきなり本塁打を放つ。今夏の山梨大会でも、準決勝の甲府工戦で本塁打をたたき込んだ。プロ注目のエース左腕・垣越ら投手陣を引っ張る、将来性豊かな強打の捕手。

野手では星稜・内山、花咲徳栄・井上ら日本代表経験者も

〇内野手

 度会隆輝(横浜) 父は元ヤクルト選手の度会博文さん。佐倉リトルシニアで侍ジャパンU-15に選ばれ、南神奈川大会では主に代打起用され、準決勝の星槎国際湘南戦では適時二塁打を放つなど、非凡な打撃センスを見せた。本職は二塁手だが、南神奈川大会では左翼手として先発出場もあり、高校では打力を生かすため複数ポジションを守る可能性も。

 内山壮真(星稜) 星稜中で全日本少年軟式野球大会準優勝。侍ジャパンU-15に選ばれ、昨年のU-15アジア選手権では、パキスタン戦で先制2ラン本塁打を放つなど、中心選手として優勝に貢献。星稜高進学後、すぐに3番・遊撃に座って春季北信越大会では3試合8打数5安打3打点をたたき出し優勝。名門のクリーンアップを担う大型遊撃手。

 土田龍空(近江) 中学時代は湖北ボーイズでプレー。近江進学後も1年生でレギュラーとなり、滋賀大会では2番・遊撃に入って準決勝の近江兄弟社戦は5打数4安打。決勝の綾羽戦では左前に同点打を放つ活躍を見せた。

 森田貫祐(創志学園) 高松リトルシニアで四国屈指の強打者として活躍し、全国大会ベスト16。今夏の岡山大会では、1番・2番・7番などを打ち、決勝の岡山学芸館戦も2安打1打点。遊撃のレギュラーをがっちり手にしている。

〇外野手

 来田涼斗(明石商) 中学時代は神戸ドラゴンズで活躍し、明石商では「1番・左翼」としてレギュラーに座った。春季近畿大会1回戦では大阪桐蔭に延長の末6ー7で惜敗したが、根尾から1安打を放った。西兵庫大会でも、不動のリードオフマンとしてチームを甲子園に導いた俊足好打の外野手。

 井上朋也(花咲徳栄) 奈良・生駒ボーイズで、2017年世界少年野球大会日本代表に選出。花咲徳栄では「7番・右翼」に座って春季関東大会の専大松戸戦で2ラン本塁打を放つなど、長打力を見せつけた。北埼玉大会ではいまひとつ調子が出なかった印象もあるが、素材はプロ級だけに、甲子園で爆発すれば一気に2年後のドラフトの目玉になるかも。

 細川凌平(智弁和歌山) 京都東山ボーイズで、2017年世界少年野球大会日本代表に選出。春季近畿大会では「1番・中堅」で起用され、決勝の大阪桐蔭戦でも1安打。和歌山大会では途中出場のみに終わったが、間違いなく今後の智弁和歌山を背負う存在だけに、甲子園で出場機会があれば大ブレークの可能性も十分。(Full-Count編集部)