厳しい暑さの中、三重交通グループスポーツの杜伊勢陸上競技場で、

陸上競技の二日目が行われました。

北海道地区から4名の選手が出場となった女子100m決勝。

11秒74をマークした恵庭北高校御家瀬緑選手が優勝を果たしました。

 

続く男子100m。

昨年山形インターハイで第2位の城西高校塚本ジャスティン惇平選手が優勝し、

昨年の雪辱を果たしました。

 

男子1500m。

スタート直後にトップに立った大分東明高校ベヌエルモゲニ選手がリードを守りきり、1位でゴール。優勝しました。

 

女子1500m。

1200m地点でペースを上げた倉敷高校アグネス ムカリ選手がトップに立ち、そのまま逃げ切り、優勝しました。

 

男子走り幅跳び。

出雲高校長岡宗一郎選手が3回目のジャンプで7メートル67を記録。

しかし西武台千葉高校海鋒泰輝選手も4回目のジャンプで7メートル67を記録。

二番目の記録の比較により、海鋒選手が優勝しました。

 

知多市民体育館では、

フェンシング個人対抗男女フルーレ決勝トーナメントが行われました。

男子決勝。

優勝候補、東亜学園川村京太選手と対戦するのは、大分豊府高校、中村太郎選手。

お互い譲らず、一進一退の攻防が続きますが、

最後は中村選手が押し切り、中村太郎選手が初優勝を飾りました。

 

女子決勝は、

聖霊女子短期大学付属高校 土佐千乃選手対和歌山北高校 巾下栞奈選手。

最終第3セット14-14、互いにマッチポイントを迎える接戦の末、土佐選手が勝利。初優勝を飾りました。