東海大戦記 第30回

 網走での関東学生夏季記録挑戦競技会の前日、北海道の士別市ではホクレンロングディスタンスの最終戦が行なわれた。19時から行なわれた1万mのレースには大迫傑(おおさこ・すぐる/ナイキ)が出場し、東海大からは主将の湊谷春紀がエントリーしていた。


トラックシーズンを終え

「全体的に物足りない」と厳しい表情を見せる東海大・両角監督

 ペースメーカーはダニエル・ムイバキトニーで、28分10秒ペースで引っ張った。レース終盤、トップを走る大迫に山藤篤司(神奈川大4年)が喰らいつく。だが、大迫が28分26秒41とトップでゴールすると、山藤は28分35秒41で2位。大学生ながら健闘した。一方、湊谷はラストで太田智樹(早稲田大)に抜かれ、30分21秒89の10位に終わった。

 照明が小さく、ほとんど暗闇のなか、湊谷は「情けない」と繰り返した。

「ここまで故障なくやれているのはよかったんですが、全体的にピリッとしないですね。今日のレースも、普段は一緒に走れないような選手と走れたんですけど……納得いく走りが全然できなかった」

 湊谷はトラックではなく、ロード中心の選手。同じタイプの湯澤瞬(4年)が関東インカレのハーフで2位に入るなど好調な走りを見せたが、湊谷はその大会で7位。東海大の長距離記録会3000mでは8分25秒82の自己ベストを叩き出し、スピードがついてきている感はあるが、レースで勝てない状況が続いている。

「勝つべきところで勝てないのは、練習不足からだと思います。湯澤とかに比べると走っている距離が少ないですし、試合で結果を出して、初めていい練習をしたなと思えるので、結果が出ないうちはいくら練習をしても、その方法や内容が正しくなかったのかなと考えてしまいます。安定感がないのは感じているので、夏にしっかり鍛えないといけないですね」

 湊谷は厳しい表情でそう語った。

 今シーズンから主将になった湊谷は、5月の時点では特別なことをせず、それぞれの選手が力を伸ばしてくれれば……という話をしていたが、トラックシーズンを終えて、チーム全体の調子をどう見ているのだろうか。

「うーん、『学生長距離5冠』を目標にして、まず関東インカレを獲れたことはチームとしてよかったのかなと思います。走った選手も、サポートしてくれた選手も、みんな一生懸命やってくれたので。1年生が出遅れたり、主力にケガで出たりしていますけど、4年生の湯澤や三上(嵩斗/しゅうと)がよくやってくれているし、ほかのみんなもサポートしてくれているので、あとは本当に自分だけかなと思います」

 春のトラックシーズンを総括すると、どんなスコアになるのだろうか。

「チームとしては80点ぐらい取れています。自分は……赤点ですね。30点ぐらいなので、夏合宿にしっかりやるだけですね」

 湊谷は渋い表情でそう言った。

 8月上旬に始まる夏合宿で、湊谷はどれだけ自分を取り戻せるのか。学生最後の夏は、湊谷にとってより厳しいものになりそうだ。

 その湊谷のレースを「いまひとつ、ふたつですね」と見ていたのは、両角速(もろずみ・はやし)監督だ。

 翌日の網走での関東学連の競技会にも5000m、1万mと東海大の選手たちが出場していたが、両角監督の表情は厳しいままだった。

 4月からのトラックシーズンが終わり、チーム全体の状況をどう捉えているのだろうか。

「全体的に物足りないですね」

 両角監督は、きっぱりとそう言った。

「箱根を目指している大学と、目指し切れていない大学との差が出ているのかなと。『トラックをやっているから箱根は勝てないんだ』という言い訳をしないように、私自身はきちんと(箱根を)目指してやっていきたいと思っていますが、物足りないですね」

 昨年の同時期は故障者もなく、怖いくらい順調で、秋の駅伝シーズンへの期待感が高まっていた。だが今年は、主力の關颯人(せき・はやと)、阪口竜平らが故障し、鬼塚翔平もなかなか調子が上がらない。

 さらに中間層の選手たちも伸び悩んでおり、1年前と比較すると物足りなさを感じるが、両角監督の憂いは「選手の意識」にあるという。

「陸上はあくまで個人競技なので、個々の意識が問題なんです。山登りにたとえると、6合目を目指すのと、8合目を目指すのとでは準備や覚悟が違ってくる。でも、うちの選手は全部同じ感覚で山を登っているんです。今と同じ練習をしていれば伸びていくと錯覚しているんですよ。

 8合目までは勢いで行けても、エベレストの頂上を目指すには腰を据えて一歩一歩上がっていく必要があるし、最後は自分を変えたり、もっと自分を強くしないと頂上には行けないのに……そのことを理解していないんです」

 東海大は駅伝では強豪校といわれ、優れた選手が大勢いる。毎年、一歩ずつ強くなってきているが、それは選手個々の努力の賜物であって、大学に入ったから、あるいは東海大陸上部にいるから強くなれるものではない。

 東海大の練習をしていれば自然と強くなるだろうという錯覚をしてしまうと、選手の成長はもちろん、チームも停滞してしまう。両角監督はそれを危惧しているようだ。

「春の記録を見ていても、アベレージが上がらない。一発はマグレでいい記録を出せることもあるんです。それをコンスタントにし、確かなものにしていかないといけないんです。小松も、昨年12月の1万mで28分35秒63を出したけど、今日(網走)みたいなレース(29分26秒47)で同じようにしっかりとタイムを出してくれると、アベレージが上がることになるんですけどね。そこがまだまだ物足りないところですね」

 両角監督の表情は、終始厳しかった。

 選手個々のアベレージが上がれば、チームの総力も上がる。だが、選手のタイムはばらつきがあり、なかなか安定した結果を残せずにいる。そのなかで、両角監督が唯一、調子がよかったと認めた選手がいた。

「湯澤はよかったですね。トラックシーズンは、彼が一番の成長株だと思います。駅伝を走れる選手として、心強い存在になりましたね」

 昨年、湯澤は10区の控えとして登録され、両角監督がギリギリまで悩み、最終的に出走がかなわなかった。その悔しさを噛みしめて、この春は精力的に練習し、関東インカレのハーフで2位になるなど、結果を出してきた。湯澤が抜群の安定感を見せているので、おそらく箱根10区のめどはついたのではないか。

「まあ駅伝3つ獲るのはかなり難しいですが、ひとつひとつのレースを大事に戦っていきたいですね。その前にこの春のシーズンから夏合宿への切り替えをし、しっかり準備して本番を迎えるようにしたいと思っています」

 夏には故障者が戻ってくるだろう。また、大きな進化を遂げる選手もいる。両角監督のいう選手個々の意識改革は、はたして夏合宿でどこまで進行するのか。

 東海大の夏合宿は8月2日に始まり、9月17日まで断続的に行なわれる。

(つづく)