日本ハム・大田は3年連続神奈川大会決勝で敗退 西武・中村も縁がなく…

 8月5日から阪神甲子園球場で行われる「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」の出場校が出揃った。今回は記念大会で56校が甲子園に出場できるが、当然そこに進めなかった高校も数多い。現役プロ野球選手でも甲子園のグラウンドにたどり着けなかった選手も多い。そこで、夏の甲子園に出場したことがなかったパ・リーグの主な選手を見ていきたい。

 春夏通じて7度の全国制覇を誇る野球名門校の大阪桐蔭は、西武・中村剛也、浅村栄斗、森友哉、日本ハム・中田翔など現役プロ野球選手を多数輩出。浅村、森は高校時代に夏の甲子園を制したが、現役最多6度の本塁打王に輝く中村は、在学した3年間で1度も甲子園出場が叶わなかった。ちなみに中村が在学中の夏の大阪代表は、1年生の時が北陽高(現関大北陽高)、2年生の時がPL学園高、3年生の時が上宮太子だった。

 今季から埼玉西武でプレーする松井稼頭央は野球名門校・PL学園高出身。松井は2年春にセンバツベスト8入りを果たした経験があるが、夏の甲子園には縁がなかった。夏の甲子園で6度の全国制覇を誇る古豪・広島商高出身のソフトバンク柳田悠岐は1年生の時にチームが夏の甲子園に出場しているが、柳田自身はベンチ外だったため出場ならず。2年、3年は甲子園出場がかなわなかった。

 1970年と2015年に全国制覇した東海大相模高出身の日本ハム大田泰示は在学した2006年からの3年間、いずれも神奈川大会決勝で涙をのんだ。1年夏は横浜高、2年夏は桐光学園高、記念大会となった3年夏は慶応高が甲子園出場を果たしている。

 現在首位を走る西武の秋山翔吾(神奈川・横浜創学館高)、源田壮亮(大分・大分商高)、山川穂高(沖縄・中部商高)、外崎修汰(青森・弘前実高)といった主力の多くも夏の甲子園出場経験はなし。今季通算2000安打を達成したソフトバンク内川聖一(大分・大分工高)、通算2000安打まで残り13本に迫ったロッテの福浦和也(千葉・習志野高)といった長くプロ野球で活躍している選手たちも、夏の甲子園に出場することができなかった。

 いよいよ4日後に迫った第100回全国高等学校野球選手権記念大会。今年はどんなドラマが見られるだろうか。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)