初回に先制するが、2回に先発の仲沢が逆転2ラン浴びる

 第100回全国高等学校野球選手権東千葉大会決勝は25日、ZOZOマリンスタジアムで行われ、Aシードの木更津総合が10-2で成田を下し3年連続7回目の甲子園出場を決めた。

 8年ぶり8回目の甲子園に王手をかけていた伝統校の成田は惜しくも涙をのんだ。尾島治信監督は「接戦に持ち込めれば」と口にしていたが力負け。初回に木更津総合の先発・野尻から4番の山下が左前適時打で先制したが、先発の仲沢が2回に太田に左翼ポール際に逆転2ランを浴びるなど、4回までに5点を失った。

 それでも準々決勝の安房高校戦で逆転2ランを放ち、決勝まで12打点の主将・田宮を中心に最後まで諦めない姿勢は、伝統校の意地を見せた。8点差の9回2死から早川、田宮、一塁へのヘッドスライディングを見せた山下の3連続内野安打が象徴していた。

 主将の田宮は「絶対塁に出てやろうと思って打席に立った。(木更津総合の)打撃力は春に比べてあがっていた。(野尻投手を)打ち崩せなかった」と唇をかんだ。それでも尾島監督は「彼(田宮)には、自分の姿で(ナインを)引っ張っていって欲しいと願ったが、成長してくれた」とキャプテンの奮闘を称えていた。(細野能功 / Yoshinori Hosono)