履正社、大阪桐蔭の“2強”が準決勝で対戦

 第100回全国高校野球選手権記念大会は25日、北大阪大会の準々決勝が行われ履正社が6-3で寝屋川を下し、春夏連覇を狙う大阪桐蔭は2-1で金光大阪に勝利した。履正社、大阪桐蔭は27日に準決勝で対戦する。

 大阪桐蔭は3回に2死三塁から1番・宮崎が左前適時打を放ち先制すると、1-1の同点で迎えた5回に9番・井坂がタイムリー二塁打を放ち勝ち越しに成功した。今大会初登板初先発となった根尾は5回に1点を失ったが、その後は粘りの投球で金光大阪打線の反撃を振り切った。(Full-Count編集部)