東東京では準々決勝2試合が延長戦に

 第100回全国高校野球選手権記念大会は24日、各地で行われたが、北神奈川、西千葉などで延長、サヨナラ勝ちが相次ぎ、劇的なドラマが数多く生まれた。

 北神奈川では、今春選抜ベスト4の東海大相模が、県立高の相模原相手に1回から5点を先行される苦しい展開。5回に一度は追いついたものの、7回に3点を勝ち越され敗色濃厚かと思われたが、8回に1点、土壇場9回にも2点を取って追いつき、最後は満塁から井上の投手強襲安打で逆転サヨナラ勝ち。効果的なところで吉田、上杉、森下と3本塁打が飛び出し、強豪校の底力を見せつけて準決勝進出を決めた。

 横浜商大は、0-1で迎えた8回に追いつき、9回に無死満塁からサヨナラ押し出し四球を選んで白山を下した。

 西千葉の準決勝は、こちらも今春の選抜出場校・中央学院が、習志野に一時1-5とリードを奪われながら追いついて延長戦に持ち込み、10回に青木のサヨナラ本塁打で劇的な決勝進出。東京学館浦安も1-2の最終回、2点を奪って市船橋に逆転サヨナラ勝ちし、両校が26日に甲子園出場をかけて対戦する。

 東東京では、この日の準々決勝2試合がいずれも延長戦に。関東一は延長10回に2-1で修徳にサヨナラ勝ち。小山台は2-2で入った延長10回に一挙4点を奪い、粘る安田学園を6-4で振り切った。(Full-Count編集部)