日南学園の坂元は“サイクル超え”の活躍

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は23日、各地で地方大会が行われた。宮崎大会では雨天により1日順延となっていた決勝が行われ、日南学園が日章学園との点の取り合いを制して11-8で2年ぶり9度目の甲子園出場を決めた。

 日南学園の打線が火を噴いたのは、3点ビハインドで迎えた4回。相手の失策で1点を返すと、坂元がレフトスタンドへと飛び込む2ランを放って同点。さらに門川も右中間最深部のスタンドに放り込む勝ち越しの2ラン。一気の本塁打攻勢で5点を奪って、試合をひっくり返した。

 7回に日章学園に3点を奪われて同点とされた日南学園だったが、その裏に坂元が勝ち越しの適時三塁打を放つなど、再び2点を勝ち越し。坂元はこの日三塁打、本塁打、二塁打、三塁打を放ち“サイクル超え”の活躍。日南学園は8回にも加点してリードを広げ、追いすがる日章学園を突き放した。(Full-Count編集部)