宮城は昨夏の甲子園で1年生ながら先発のマウンドを経験

 第100回全国高校野球選手権記念大会沖縄大会は23日、セルラースタジアム那覇で決勝を行い、興南が5-0で糸満を下して2年連続12度目の夏の甲子園出場を決めた。先発の2年生左腕・宮城は9回2安打無失点の快投を見せた。

 興南は2回。先頭の6番・比嘉龍が右中間へ三塁打を放つと、続く遠矢が左越えへタイムリー二塁打を放ち先制。4回には1死二、三塁から6番・比嘉龍が左前適時打、続く遠矢の右犠飛でこの回2点を追加した。さらに8回にも2点を加えリードを5点に広げた。

 興南の先発2年生左腕・宮城は直球とスライダーのコンビネーションで5回まで一人の走者を許さない完璧な投球を見せる。6回2死から9番・金城絢に中前打を浴びたが捕手の遠矢が二盗を阻止しピンチをしのぐ。その後も糸満打線にチャンスを与えず9回2安打無失点、二塁を踏ませない快投でチームを勝利に導いた。

 宮城は昨夏の甲子園1回戦(智弁和歌山)で1年生ながら先発のマウンドを経験。4回4失点で降板しチームも初戦敗退と悔しい思いを味わった。2年連続の聖地でリベンジを果たす。(Full-Count編集部)