メキシコ合衆国メキシコシティで開催されているIFAF第5回U19世界選手権大会は現地7月22日に順位決定戦が行われた。メキシコ、カナダに惜敗し、0勝2敗で5位決定戦に進んだU19日本代表はオーストラリア代表と対決。攻撃で44点、守備で7点をあげる猛攻でオーストラリアを51対14で下した。

前半は攻撃が23得点を奪取、守備はオーストラリア代表の攻撃を一度も敵陣に侵入させない堅守だった。

U19日本は最初の攻撃機会にK簗瀬真史(慶應)の25ヤードFGで先制。直後の守備では1プレー目にDB村井翔哉(立命)がインターセプトでオーストラリアの反撃を許さず。

オーストラリアのミスパントにより敵陣35ヤードから始まった3回目の攻撃機会はQB平尾渉太(関学)とRB柴田健人(日大)のランで敵陣19ヤードまで前進。RB小田賀優介(法政)の19ヤードランでTD。10対0とリードを広げた。

さらに第2Q4分26秒にはRB柴田の16ヤードTDラン(TFPキック失敗)、第2Q8分38秒にはQB平尾からWR大谷空渡(日大)への7ヤードTDパスで加点し、23対0で前半を折り返す。

自陣30ヤードから始まった後半最初の日本代表の攻撃はQB平尾からWR小林陸(大産大附属)への23ヤードパスで敵陣に侵攻すると、平尾がWR嘉本健太郎(明大)への42ヤードTDパスを決め、直後の守備ではLB小西憂(桃山)が35ヤードインターセプトリターンTDを挙げ、さらにリードを広げた。

第3Q中盤以降、オーストラリアの反撃に遭い、2TDを失った日本だが、第4Q最初のオーストラリア攻撃を、1プレー目にDB村井がこの日2つ目となるインターセプトで断ち切り、反撃の芽を摘んだ。

第4Q6分3秒には、交代出場のQB庭山大空(立命館宇治)がWR糸川幹人(箕面自由)への15ヤードTDパスを決めてリードを広げ、第4Q8分58秒にはRB柴田の61ヤードTDランで締めくくった。

ゲームMVPに試合最初のTDをあげたU19日本代表RB小田賀と、3捕球106ヤード1TDのオーストラリア代表WRブリンダムが選出された。

3位決定戦は米国とスウェーデンが対戦し、61対9で米国が勝利。メキシコ対カナダの決勝戦は第1Q残り3分17秒時点で、カナダが3対0でリードしている。