「もう自分たちの夏か……って感じですね。早いです」

 大阪から茨城県北部の日立市にやってきた2年ちょっとの歳月を、増田陸は感慨深く振り返る。この春、憧れ続けた場所で鮮烈な活躍を見せた強打の遊撃手は、最後の夏に最大のライバルとの再会と夢の実現を狙う。



今年春のセンバツでも活躍した明秀日立の主将・増田陸

 今春、春夏通じて初めて甲子園に出場した明秀日立。1番打者として打席に立った増田は、初球を弾き返すと打球はレフトフェンスを直撃。試合開始のサイレンも鳴り止まぬなか疾走し、三塁へ。相手野手の送球が乱れるのを見て本塁を狙うもタッチアウト。それでも積極果敢なプレーはチームに勢いをもたらした。

 初戦、2回戦を勝利した明秀日立は3回戦で大阪桐蔭と対戦。大阪桐蔭の主将・中川卓也とは大阪福島シニアの同期で、中学時代は増田が遊撃手を任され、中川は二塁手兼投手だった。ちなみに捕手には、現在、早稲田実業3年の野村大樹がおり、春夏連続でリトルシニアの全国大会で8強入りしていた。

 中川や野村が2年時から甲子園で活躍しているのに対し、増田は金沢成奉(せいほう)監督から「お前はなにしとんねん!」と何度も発破をかけられたが、ようやく念願を果たし、待ちに待った対戦が実現したのだった。

 しかし、増田は4打数無安打。対する中川は4打数2安打1打点と勝利に貢献。試合後に中川から「次は夏やな」と声をかけられた。

 そしてこの試合から、多くのことを学んだと増田は言う。

「大阪桐蔭は(失投を)1球で仕留めてきたり、バントの構えをしたら内野手全員がチャージをかけてきたり……。(ピッチャーだった)根尾(昂/あきら)くんは、打者の空振りとかを見て配球を組み立てていました」

 そう振り返り、すぐさま「そうなるためには練習の1球1球から集中することが必要です」と話す姿は、まさにチームを引っ張るリーダーそのものだ。

 光星学院(現・八戸学院光星)時代に坂本勇人らを育てた金沢監督は、「前までの増田だったら、叱るとシュンとなったり、納得いかない表情をしたりすることがありましたが、今はなくなりました。上へ上へと伸びようとしていますね」と、精神的にも成長した姿に目を細める。

 そして「やっぱり増田がグングン引っ張っていくスタイルになったときがウチは強いですね」と、春夏連続甲子園出場のキーマンのひとりに挙げた。

 増田もまた、金沢監督への思いをこう語る。

「夏が終わってから、『監督ともっと野球がしたかった』と思うそうですが、僕はもう今でも『もっと教えてもらいたい』という気持ちです。だから甲子園に行って、仲間とも監督とももっと長く一緒にプレーしたいです」

 この充実した日々の中で、増田は新たな目標も見つけた。

「プロに挑戦しようかなと思っています。センバツが終わってから意識しはじめました。小さい頃からプロ野球選手になりたいと思ってきましたが、そこまでうまくないし、すごくもなかったので、強く思えることはできませんでした。でもセンバツで活躍して『もっと頑張れば、夢じゃなくなるんじゃないか……現実になるんじゃないか』って感じたので、本気になって挑戦してみようと思いました」

 中学時代は中川や野村、高校では現エースの細川拓哉の方が先に注目を集め、増田は後塵を拝していた。ただ彼らの存在は認めつつも、常に反骨心を持って目の前の厳しい練習に励んできた。特に中学時代から同じ内野手として高め合ってきた中川に対し、その思いは強烈にある。

「今もまだまだですけど、追い越せるように。ライバル心を持ってやっていきたいです」

 好きな言葉は”姿勢”。金沢監督から「姿に勢いのある選手がいい選手や」と言われた言葉を大切にし、帽子のツバにもしたためた。

「自分はボールを見ていくバッターじゃありません。どんどん振っていくバッターなので、そこは貫きたいです」

 そう決意を語った最後の夏。7月12日の初戦(岩瀬日大高戦)では3打数3安打4打点の活躍で、18-0というチームの大勝に貢献した。

 あの舞台で、最高のライバルともう一度。積極果敢な姿勢でチームを、そして自らをさらなる高みへと導いていく。