20歳以下代表の最高峰大会である「ワールドラグビー U20チャンピオンシップ」(2018フランス大会)で奮闘したU20日本代表だが、6月17日にベジエでおこなわれた11位・12位決定戦でU20アイルランド代表に33-39で敗れ、最下位となり、来季は下部大会の「U20トロフィー」に降格することが決まった。
 日本は今大会、プールAでU20ウェールズ代表と1点差(17-18)、ノックアウトステージ初戦はU20ジョージア代表に2点差(22-24)と、互角の戦いを繰り広げたが、5戦全敗に終わった。

 残留・降格がかかったサバイバルマッチ。
 開始早々からアイルランドがゲームを優位に進め、4分、SOのビングゲインなどでゴールに迫り、SHが間隙を突いて先制した。11分にはラインアウトからサインプレーが決まり、連続トライ。

 12点を追う日本は15分、ラインアウトからのドライビングモールはわずかにゴールに届かなかったが、パワフルな選手の連続突進でディフェンダーを集めたあと、右へ大きくボールを動かし、WTBハラトア・ヴァイレア(日本体育大)がインゴールに持ち込んだ。22分にはモールで押し切り、12-12の同点とする。

 しかしアイルランドは29分、キャプテンのNO8が自陣からビッグゲインして流れを変え、PGで勝ち越し。33分には20フェイズを重ねてインゴールへのグラウンディングが認められ、10点差がついてハーフタイムとなった。

 アイルランドは後半の序盤に日本陣内でプレーを続けて反則を引き出し、3連続PGでリードを広げた。

 12-31とされた日本はそれでも食らいつき、55分(後半15分)、WTBシオサイア・フィフィタ(天理大)が22メートルライン外から突破してゴールに持ち込み、点差を詰める。相手の反則もあって59分にも敵陣深くに入り、フィフィタの連続トライで26-31、5点差に迫った。

 しかし62分、日本はスクラムでペナルティをとられ、アイルランドがPGを決めて8点差に。

 日本はその後、相手のしぶとい守りに好機を逃したシーンもあったが、72分、辛抱強くボールをつないで14フェイズを重ね、テンポよく右へボールを回してWTBヴァイレアがゴールに持ち込み、CTB森勇登(明治大)のコンバージョンも決まって33-34、1点差に迫った。

 しかし76分、アイルランドがゴール前中央のスクラムから左へ展開してWTBがトライを取り切り、大きな追加点を獲得。

 日本はラストアタックで19フェイズを重ねたが、突破口を開けず、最後はブレイクダウンで絡まれペナルティとなり、無念のファイナルホイッスルとなった。