やはり宿命の対決に「いつも通り」は存在しなかった。昨日の惨敗から一夜明けて迎えた運命の3回戦。中1日で先発した髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)が抜群の投球を見せ、早大打線を抑えていく一方でこの日もホームが遠かった。なかなかホームが踏めない中、2番手石井雄也(商3・慶應志木)も踏ん張り延長戦へ。しかし11回にソロ本塁打で早大に均衡を破られると、裏に2死満塁まで追いすがったが、最後まで1点が奪えなかった。宿敵相手に勝ち点を落とし、完全優勝とはならなかった。

 

目指すべき完全優勝へ、1勝1敗のタイに持ち込まれた慶大。このリーグ戦ずっとそうだったように、この日も快晴の下で試合はスタートした。

先発の髙橋亮は序盤から直球変化球ともに調子が良く、速球でカウントを整えながら変化球で空振り三振を量産。3回4回と得点圏にランナーを背負いながらも、ランナーは返さない粘り強さを見せ、先制点を待つ。

この日も好投し、防御率リーグ2位で終えた髙橋亮

昨日残塁12とチャンスを生かせなかった野手陣。この日も打線を組み替えたが、相手投手の前にホームが踏めず、残塁を積み重ねていく。イニング開始前に円陣を組んだ6回。先頭の河合大樹(総4・関西学院)が弱い当たりのショートゴロを自慢の足でセーフにすると、3番に入った杉本京平(理3・中央中等教育)がバスターを見事に決めて無死一、三塁と先制の大チャンスを迎える。しかし、ここから期待の中軸が1点を生み出すことは出来ず、スコアボードには0の文字だけがひたすらに書き連ねられていく。

7回裏には好投の髙橋亮の代打若林将平(環1・履正社)がリーグ戦初打席でサード強襲のヒットを放ったが、これも得点には結びつかない。
8回から2番手で守護神石井が登板。2死一、三塁のピンチを背負うも直球で押してここもスコアボードにゼロが刻まれた。
明大戦で2度サヨナラ劇を見せた慶大だったが、9回ウラからマウンドに上がった相手の2番手西垣を攻めあぐね、出塁できずに試合は延長戦に突入する。

首位打者には惜しくも届かなかったが満票でベストナインに輝いた河合

すると10回表、相手の先頭打者が打ち上げたフライはレフトのライン際へ。杉本が必死のプレーを見せたが打球はフェアグラウンドに落ち、転々とする間に三塁へ到達されてしまう。しかし、ここで簡単に点を取られないのが王者の証だ。ボテボテのサードゴロで1アウト。直球攻めの後変化球で泳がせてセカンドフライで2アウト。最後も4番の加藤を相手に速球で押してショートフライ。投手陣が昨日の借りを返さんとばかりに踏ん張った。

その裏も三者凡退に抑えられて11回表。4イニング目の石井がまず怖い岸本から1アウトを取り、続く打者は小太刀。ボール先行からアウトコースやや高めのボール気味の球を叩かれると打球は逆方向のレフトへ。一度前進した中村健人(環3・中京大中京)が慌てて後退し、後退し続け、フェンスにぶつかって、その上を打球が越えていった。ライトからレフトへの風にも乗った2試合連発弾で均衡がついに破られ、紺碧の空が神宮に響き渡ってしまった。

だが、このままで終われないのが王者の意地であり、ここで終わらないのが早慶戦だ。先頭の渡部遼人(環1・桐光学園)がピッチャー返しの内野安打で出塁すると、西垣が突如制球を乱し、ランナーが四球で溜まっていく。2死満塁となり、打席には今日2出塁の小原和樹(環3・盛岡三)。初球がいいあたりのファールで、三塁側の盛り上がりは最高潮に。だが、次の球で追い込まれると、4球目高めのボール球に手が出てしまう。ワセダの気迫が勝り、完全優勝への挑戦は秋の宿題となった。

 

「早稲田に勝つ」をチーム目標とし、完全優勝を目前にしていただけに今日の敗戦は非常に悔しい結果となった。特に3試合で得点はわずか3。1回戦の4回で挙げた暴投と、エラー気味の後逸によるタイムリーでの3点だけで、最後は24イニング無得点とホームが遠い早慶戦だった。ヒットや四死球は十分だっただけに、あと一歩、紙一重を超えられなかったことが悔やまれる。バットが全く振れていない訳ではなく、粘って球数を投げさせることはできているだけに、どれだけ甘い球を捉えられるかが大事になってくるだろう。

日本一への挑戦が始まる

あと1週間、強くなれるための時間は残されている。彼らはこれからの日々を大事に積み重ね、自分たちを信じてさらに成長していくだろう。さあ行こう。全日本という大舞台、冒険の時が待っている。

(記事:尾崎崚登、写真:小林歩、髙山実子、新池航平)